イベント特別イベント

【特別イベント】生物多様性シリーズ −江戸東京街路樹ツアー−

2017年3月11日(土)10:00-12:00

まちづくりのひとつとして欠かせないのが景観をつくりだす「街路樹」。
私たちにとってはとても身近な存在の樹木ですが、意識して街路樹を観察することは少ないのではないでしょうか。

しかし、街路樹にはきちんと役割があり、知れば知るほど奥深く、興味の尽きない存在です。
今回は、樹木医と一緒に大手町・丸の内エリアを歩き、街路樹について探求するフィールドワークを開催します。

大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアには、再開発で最近植えられた街路樹から、行幸通りのイチョウのような古くから植えられている街路樹まであります。 江戸時代から続く東京ならではの歴史を感じながら街歩きを楽しみましょう。

また、数年前には大手町駅近くに「大手町の森」が完成し、オフィス街の広大な緑地(3600平方メートルにもわたる広大な森)として、行き交う人々や生き物たちにとってのオアシスとなっています。そんなまちづくりの大切な役割を担っている森にも足をのばしてみましょう。

専門家と街の木を感じながら歩くだけで、街を見る視点が変わること間違いなしです。
本イベントでは、"大丸有生きものモニタリングアプリ"のご紹介も行います。
春はもうすぐ!街の木々たちの声に耳を傾けてみませんか。
*雨天・荒天候の場合は室内で雨天プログラムをおこないます。

概要

開催日時

2017年3月11日(土)10:00-12:00 ※小雨決行

場所

対象

小学校高学年以上

定員

35名程度

参加費

500円(おつりのないように、ご用意ください)

持ち物

飲み物、雨具(お天気が気になるとき)、歩きやすい靴、スマホかタブレット(あれば)

プログラム

9:45  受付開始
10:00 イベント開始/天候が良ければ野外へ
12:00 現地解散(大手町エリア内で解散予定)
*雨天時は室内でのプログラムですが、ホトリア広場を少し歩きます。

申し込み方法

お問い合せ先

エコッツェリア協会 生物多様性担当
TEL:03-6266-9400

ゲスト

◆講師:石井誠治
樹木医・森林インストラクター

東京都世田谷区生まれ。身近な自然を楽しく軽妙に語る野外講座が好評で、NHK文化センター、読売・日本テレビ文化センター等々、各地の自然教室などで講師として活躍中。
○環境カウンセラー

<主な著書>
○『都会の木の花図鑑』(八坂書房 新装版 2016年)
○『わたしは樹木のお医者さん 木々の声を聞きとります』(くもん出版 2016年)
○『木を知る・木に学ぶ~なぜ日本の桜は美しいのか~』(ヤマケイ新書 2015年)
○『樹木ハカセになろう』(岩波ジュニア新書 2011年)

特記事項

参考:http://www.ecozzeria.jp/archive/news/2012/11/30/gyoukou_ichou.html

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【さんさん対談】"仕掛けていく"ということの中身
  2. 2【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  3. 3【さんさん対談】小林市が地方創生で元気なわけ
  4. 4【レポート】"人物"が集う鋸南の挑戦
  5. 5【VOICE】近藤康成さん
  6. 63×3Lab Future個人会員会 2017年度新規会員募集のお知らせ
  7. 7【さんさん対談】世の中を変える夢を叶えたい人に届けたい道具~シナリオ・プランニング~
  8. 8【レポート】地方創生、広域連携、その要が印旛に
  9. 9【丸の内プラチナ大学 特別イベント】「日本版CCRCがわかる本」(松田智生著)出版記念シンポジウム
  10. 10【VOICE】竹内純子さん

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)