イベント特別イベント食農プロジェクト

食ビジネス研究会【未来予測コミュニティ 食の分科会】第2回

2018年2月16日(金)15:00~18:45(終了後交流会あり)

食ビジネス研究会【未来予測コミュニティ 食の分科会】は、「未来予測コミュニティ」に参加している人の中から生まれた分科会です(8月に続き2017年度第2回)。
2050年時点では98億人を超えると言われている程、世界人口が急増します。 その中にあって、間違いなく深刻化するであろう問題の一つが「食料不足」。 このままでは、現在の食料供給体制が破綻し、農業、漁業、畜産、生産管理、食品加工、流通、中食・外食、輸出など、食品にかかわるあらゆる産業分野の抜本的な改革が必要になります。
これからの社会を考えると、「食」は切っても切れないテーマ。 食を支えるビジネス−−−農業、漁業、畜産、生産管理、食品加工、流通、中食・外食、輸出といった分野で、既存ビジネスの延長だけでなく、企業の「やる気ある人」「他の企業と協業を進めたい人」が思いをぶつけ合い、連携し、新しいビジネスをつくりあげていく場として、この食ビジネス研究会を設定しました。
◆ゲスト
・株式会社アクアビット/代表取締役チーフ・ビジネスプランナー 田中栄様
・農林水産省農村振興局農村政策推進室/農村政策指導係長 林晋太郎様
・CSN地方創生ネットワーク株式会社/代表取締役会長 野本良平様
【参考】未来予測コミュニティについて

概要

開催日時

2018年2月16日(金) 15:00~18:45(14:30開場・受付開始)(終了後交流会あり)

場所

対象

食の未来をよくしようと情熱とミッションをお持ちの方

定員

50名

参加費

15,000円(交流会参加費込)

プログラム

15:00~15:15  事務局から
15:15~15:55  「未来予測」UPDATE(アクアビット田中様より)(40分)
15:55~16:25  「地域商社の実例」(農林水産省 林晋太郎様より)(30分)
>休憩
16:40~17:40  「水産現場の現状」(CSN地方創生ネットワーク野本様より)(60分)
17:40~18:25  パネルディスカッション(45分)
18:25~18:45  質疑応答&自己PRタイム

申し込み方法

お問い合せ先

株式会社アンビシャス 担当 山崎直子
Tel:090-6522-1186
Mail : info@aguri-osakana.com

ゲスト

・株式会社アクアビット/代表取締役チーフ・ビジネスプランナー
 田中 栄様
・農林水産省農村振興局農村政策推進室/農村政策指導係長
 林 晋太郎様
・CSN地方創生ネットワーク株式会社/代表取締役会長
 野本良平様

特記事項

[主 催] 株式会社アンビシャス
[共 催] エコッツェリア協会
[協 力] 株式会社アクアビット

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  2. 23×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  3. 3【TIP*S/3x3LabFutrure連携】人と企業の未来共創プログラム 第5回「人と企業の新しい関係性を紐解く」
  4. 4【レポート】「地方紙」発で考える、新しいビジネスの可能性
  5. 5【レポート】「続ける、広める、深める」の実践へ
  6. 6【レポート】同時多発まちおこしの熱気を見よ
  7. 7【レポート】逆襲の山口 活性化を巡るバトル勃発!?
  8. 8【P-VOICE】浅枝真貴子さん
  9. 9【レポート】大企業が取り組む地方創生のアクションプラン
  10. 10【レポート】6次産業化の課題から農業の未来が見えてきた?!

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)