イベント打ち水プロジェクト・レポート

【打ち水】打ち水WEEKS

2013年7月26日(金)〜8月31日(土)開催

打ち水プロジェクトのひとつ、丸の内仲通りの周辺、95店舗が参加されている『大丸有(大手町・丸の内・有楽町)打ち水WEEKS』。スタートから4年目となる今年は、7月26日(金)から8月31日(土)の間、夕暮れ時に店先へ打ち水をし、訪れる方を快適な環境でお迎えしようと、晴れた日は毎日行われています。
参加されている店舗の中から、今回は「CAFE GARB TOKYO」「一保堂茶舗」「パリアッチョ」「ザ・ペニンシュラ東京」の4店舗にご協力いただき、打ち水の様子を取材しました。

店先への打ち水。それぞれの思い!

20130819_sub_shop1.jpg

「あえてもう一度、美味しく・楽しく・寛げる」をコンセプトにしたカフェレストラン「CAFÉ GARB TOKYO」さん。打ち水をされている間も終始笑顔で、「打ち水をするときの音が好きなんですよ。」とお話をしてくださいました。

20130819_sub_shop2.jpg

京都に本店を構える、日本茶の専門店「一保堂茶舗」さん。とてもやさしい雰囲気での打ち水。「お店の前を通る方に、少しでも涼やかな気持ちになってもらえるようにと、打ち水をしています。」とお話を聞かせてくださいました。

20130819_sub_shop3.jpg

カフェとしてはもちろん、ネイティブ・イタリアンを楽しめるトラットリア「パリアッチョ」さん。お店のエントランス付近で打ち水をされ、「打ち水の瞬間"風流だな"と思います。」と応えてくださいました。

20130819_sub_shop4.jpg

皇居外苑と日比谷公園の緑豊かなロケーションに位置する「ザ・ペニンシュラ東京」さん。とても親しみやすいスタッフの方々が打ち水をされています。「打ち水は風情がありますし、その場所が涼しくなったように感じます。」とお話しいただきました。海外の方も興味を持たれていたそうで、打ち水について説明をしたこともあるそうです。

20130819_sub_street.jpg

丸の内仲通りを抜ける風が、打ち水のあと心地よい涼しさを伝えてくれます。打ち水は、気温を下げる効果があることはもちろんですが、街に訪れる方たちへの思いやりも感じられた、そんなひと時でした。

今回、取材をさせていただいた店舗以外でも、数多くのショップや施設で打ち水をされており、毎日の生活のなかに少しずつ「打ち水」が定着してきていることが感じられます。

打ち水プロジェクト

江戸の知恵「打ち水」で街の温度を下げよう!

日本古来から脈々と引き継がれている世界に誇る江戸文化の知恵「打ち水」を7,8月に大丸有地区で実施します。夏の暑さを和らげる効果とともに、都市に集まる人たちのコミュニティ意識を高めます。行幸通りをはじめとする打ち水イベントのほか、丸の内仲通りに集まる店舗スタッフによる打ち水Weeks活動を行います。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  2. 2MBA白熱教室 vol.0 in 3×3 Lab Future 〜シェアリング・エコノミー時代の戦略的思考〜
  3. 3さんさんネットワーキングvol.17〜横浜スポーツタウン構想
  4. 4【レポート】地方創生と金融のこれから(1)
  5. 5【レポート】地方創生と金融のこれから(2)
  6. 6【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  7. 7【レポート】丸の内プラチナ大学第2期開講
  8. 8【レポート】大丸有が支える農と食のイノベーション、始動
  9. 9【エコキッズ】エコキッズ探検隊出前授業 熱の不思議?冷却パックをつくろう!
  10. 10【VOICE】竹内純子さん

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)