シリーズSHAREISM

【 SHAREISM Vol.5 】脱スルーパス症候群 SHAREISM的 職場のススメ

〜丸投げ・責任回避の職場から全員参加の職場へ〜

最近職場での「スルーパス症候群」が増えている

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めたが、ここではサッカーのプレーをキーワードに、職場にありがちな問題とその解決方法を示したい。

スルーパスとは、相手のディフェンダーとゴールキーパーの間にできたスペースに出すパスをいう。また、「ボールをスルー」というのは、自分に来たボールを受け止めると見せかけ、実際は受け止めずにそのまま背後の味方に取らせるプレーだ。

ここから派生して「スルーする」という言葉がある。スルーするとは、「やり過ごす」とか「何もせずそのまま流す」ということだ。一撃必殺のスルーパスはサッカーでは有効だが、仕事の「スルー」は職場を混乱させて疲弊させる。
しかしながら、最近職場での「スルーパス症候群」が増えているようだ。

【部長】おい、君、あの件だが、こうしたらどうだ?
【課長】わかりました。おい、君、あの件、こうしたらどうだ?
【係長】わかりました。おい、君、あの件、こうしたらどうだ?
【若手】・・・・

課長も係長も自分で考えることなく若手に流している。スルーパス職場の被害者は、受け手の若手になる。さらに若手が派遣スタッフにスルーすることもあり、こうなるとまさに組織の総スルーパス症候群だ。

こうした困った職場では、中間管理職の付加価値が何もない。大切なことは上司からの指示に対して、自分なりの解釈やアイデアを加えること、つまりサッカーなら受けたパスを自分のテクニックやスピードを活かして味方に送ることだ。

丸投げ・責任回避のスルーパス職場から全員参加型のプレースタイルへいつ変わるか?
今でしょう!
不毛な職場に多発するスルーパス症候群、あなたの職場では大丈夫だろうか?

あなたの周りにこんな人いませんか?

職場に活気がない!
働きがいのある職場を妨げている要因は?

松田 智生
松田 智生(まつだ ともお)
三菱総合研究所 主席研究員

専門はコミュニティビジネス・地域活性化。プラチナのように輝く社会や産業を研究。また悩めるミドル向けに職場活性化の講演や執筆も行う。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  2. 2【丸の内de地方創生】文化でまちづくり−国際北陸工芸サミットを契機として−
  3. 3【丸の内プラチナ大学 特別イベント】「日本版CCRCがわかる本」(松田智生著)出版記念シンポジウム
  4. 4【特別イベント】さんさんビジネスクリエイト『活気ある都市センターを創る』
  5. 5【さんさんビジネスクリエイト】「530(ゴミゼロ)の日にフードロスを考える」
  6. 6【協力イベント】生きもの観察会「ホトリア広場を、見に行こう。」
  7. 7【レポート】CCRCの未来が指し示す場所
  8. 8日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  9. 9【VOICE】桜庭大輔さん
  10. 10【さんさん対談】小林市が地方創生で元気なわけ

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)