シリーズVOICE

【P-VOICE】深尾和正さん

JOY再構築トレーナー、メンタルトレーナー

Q1
あなたが、一番強く取り組んでいるテーマは何ですか。
A1
コミュニティ
Q2
あなたはいま、どのようなプロジェクト・仕事に取り組んでいますか。
A2
短期目線としてはメンター制度の導入を企業に対して広めています。長期目線としては「自分を生きる」。このテーマに沿って切磋琢磨できる方々とのコミュニティ作りに注力しています。目的は「場づくり」です。 AIにより、近い将来増加する休日増により、今よりも自分と他人について思いを馳せる時代が必ず到来します。自分を愛する。大切な人を想える。自分と他者を受け入れる。その観点を技術として普及することに努めていくためのコミュニティづくりです。
Q3
3×3Lab Futureでどのような活動をしていますか。
A3
定期開催されているイベントやランチ会などで交流させていただいた方々との良縁をいただいています。具体的な発展にはまだ至っていないですが、意識が高く繋がりを大切にされる方ばかりですので、とても良い環境です。今年は自ら企画を持ち込ませていただいたり、会員の皆さんとの共同企画なども実現できればと考えています。
Q4
3×3 Lab Futureやエコッツェリア協会に期待していることはなんですか。
A4
私が携わっている領域は「心」ですので、業種、年代、性別問わず、3×3Labに関わる皆さんのお力になれることと思います。良好な人間関係が築けていれば、どんな困難なチャレンジ、プロジェクトでも実現できるのではないでしょうか。明日仕事に行きたい!ワクワクが止まらない!そんな日常を実現するための、心、関わり合い、をテーマにした企画などをご一緒にできれば嬉しいです。
Q5
3×3 Lab Futureをこう活用したい、というアイデアを教えてください。
A5
会員以外の方々を巻き込んだ企画や、地域住民、企業を巻き込んだ展開などができると面白いと思います。また地方再生系の企画も多いようですので、アイデアコンテストや短時間でのアイデアアウトプット大会などの開催は盛り上がるのではないかなと思います。その際のコミュニケーションワークなどは得意領域ですので是非お力添えさせていただきたいなと思います。
Q6
大手町・丸の内・有楽町エリアで好きな場所/お店/活動/イベントを1つ、教えてください。
A6
皇居の目の前に、皇居を一望できる全面ガラス張りのカフェがあり、考え事をしたいときによく行きますが、名前がわかりません(笑)高層ビル群が苦手なため、もっぱら皇居周りばかりに足を運んでいます。幼少期7歳まで皇居の前に住んでいたため懐かしい土地です。
深尾和正(ふかお・かずまさ)
JOY再構築トレーナー、メンタルトレーナー

20代前半は画家、バーテンダーとして活動。その後、国内最大級のQ&AサイトOKWAVEにて、企業の顧客サポート領域における新たなサポート手段として、お客様同士の問題解決力を顧客サポートに活用するという、革新的なサポート特化型Q&Aコミュニティの立ち上げと拡充に従事。後半は人工知能AIに関わる一方、人の心に興味が湧き、心理学を学び始め5年後転身。現在は、メンタルコーチ、研修トレーナーとして人間関係が原因による離職者をゼロにする活動を行っている。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  2. 23×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  3. 3【TIP*S/3x3LabFutrure連携】人と企業の未来共創プログラム 第5回「人と企業の新しい関係性を紐解く」
  4. 4【レポート】「地方紙」発で考える、新しいビジネスの可能性
  5. 5【レポート】「続ける、広める、深める」の実践へ
  6. 6【レポート】同時多発まちおこしの熱気を見よ
  7. 7【レポート】逆襲の山口 活性化を巡るバトル勃発!?
  8. 8【P-VOICE】浅枝真貴子さん
  9. 9【レポート】大企業が取り組む地方創生のアクションプラン
  10. 10【レポート】6次産業化の課題から農業の未来が見えてきた?!

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)