シリーズVOICE

【VOICE】杉本篤彦さん

株式会社STORY 取締役COO

Q1
あなたは、いまどのような仕事をしていますか。
A1
株式会社STORYという会社を2016年9月10日に立ち上げました。戦略拠点の企画運営(商業・文化・公共施設・飲食店・ショールーム等コミュニケーション交流施設の企画運営など)/戦略拠点を取り巻く空間のソフト開発(公園や広場、街路といった公的空間の企画、運営・地域プロモーションなど)/コミュニケーションプランニング(クリエイティブディレクションなど)を事業の柱としています。
Q2
3×3Lab Fuatureでやっていること、やりたいことは何ですか?
A2
3×3Lab Futureの運営に関わらせていただいています。もし見かけた際は、ぜひお声がけください!3×3Lab Futureにいる皆さんとの横つなぎや、新規ビジネスを考えている新しいメンバーを連れてくるなど、人の循環を促進していけたらと考えています。私自身、前身の3×3laboでのご縁で、志を同じくする仲間を見つけ、実際に起業をするなど、『人生を変える』ような出会いをこの場からいただきました。これからも3×3Lab Futureが人の可能性が広がる場であり続けるように、新しい「ひと」や「こと」を呼び込むなど、私にできることを模索していきたいと考えています。
Q3
それをやるために、どんな仲間がほしいですか?
A3
一番最初に思い浮かんだのは、20代・30代の若手起業家を巻き込んだイベント企画を、0から一緒に作ってみたい方が仲間に欲しいです。同世代の起業家とのつながりが意外と少ないので、若手起業家のプラットホームになるような場を来年は構築できたらと考えています。また街づくりや地方に関わる仕事を多くしているので、ご一緒に汗水かいて関連するイベントやプロジェクトができそうな人は誰でもウェルカムです!
Q4
3×3Lab Futureに期待することは何ですか?
A4
実際に会社として運営に関わっているので、期待することというより、何ができるかの話に戻ってしまいますが、場は生き物なので新陳代謝が必要ですし、それをするために皆さんと一緒にワクワクするような「こと」作りを継続的にしていきたいです。そして3×3Lab Futureにはこれからも、ワクワクが溢れる場であり続けて欲しいです。これからもよろしくお願いいたします!
Q5
今一番関心を持っていること、好きなこと、楽しみにしていること、を教えてください。
A5
仕事やプライベートで今年は様々な素敵なご縁をいただき、大丸有(大手町・丸ノ内・有楽町)、神奈川県三浦市、虎ノ門、銀座といった街や地域とつながりができたので、来年はもっと広く深くその街や地域の「ひと」や「こと」を知りたいです。趣味は海外旅行と読書です!
杉本篤彦(すぎもと・あつひこ)
株式会社STORY 取締役COO

1990年横浜生まれ、株式会社STORY 取締役COO/新虎通り賑わい施設『URTRA』 プロデューサー/中小機構TIP*S 人材支援アドバイザー。幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年9月10日に株式会社STORYを設立、COO取締役に就任。東京を基点に、地域・街・場作りプロデュースを行っている。都内ー三浦市にて二拠点居住。

株式会社STORY
新虎通り賑わい施設『URTRA』
中小機構TIP*S

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内de地方創生プログラム】受講者募集!−地域資源をいかした都市と地域のつながるかたち−
  2. 2【スペシャルレポート】 "徳之島"は日本を変える起爆剤
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4【VOICE】安村亜紀さん
  5. 5【レポート】地方、食、人。2016年を振り返る
  6. 6【スペシャルレポート】馬と人と大地と。
  7. 7【さんさん対談】問われているのは人類の進化
  8. 8【Women's Leadership school in Marunouchi】開講のご案内 −参加者募集中!−
  9. 9日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  10. 10【VOICE】戸塚絵梨子さん

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)