シリーズVOICE

【VOICE】古波津勝彦さん

株式会社KAI代表取締役

Q1
あなたは、いまどのような仕事をしていますか。
A1
リスクマネジメントとマーケットインテリジェンスの2軸のアプローチを基点に、新規事業開発・事業戦略構築からオペレーション設計、運用、現場改善まで、一貫したコンサルティングを展開しています。また、これらの延長で新規ビジネスの創出・立ち上げなども積極的に行っています。また、最近は地方創生の一環である移住促進を、マーケットインテリジェンスに立脚することで自社にしかできないアプローチにて推進しています。
Q2
3×3Lab Futureでやっていること、やりたいことは何ですか?
A2
ワクワクするようなシーズの探索、マッチングいただいたことがきっかけで出会ったイノベーターと一緒に事業を構築・展開しています。 今後やりたいこととしては、この場を使って主にイノベーションの創出が課題の大手企業から中堅・中小企業までを対象にイノベーターのマッチング、イノベーティブなアイテムを軸にチームビルディングにより新しい価値を創出し、ビジネス化することによる社会実装を精力的にプロデュースしていきたいです。
Q3
それをやるために、どんな仲間がほしいですか?
A3
ユニークなシーズを持っている方(イノベーターというべきか?ITに限らず)、個人投資家(エンジェル)、大手企業などの新規事業担当者、または固有技術を有する中小企業経営者、地方で課題に対峙している方、脊髄反射的に行動できるようなノリのよい方など
Q4
3×3Lab Futureに期待することは何ですか?
A4
サードプレイスの位置付けの維持はぜひ徹して欲しいです。この方向性はとてもユニークで差別化された立ち位置だと常々思っています。 あとは、集まってくるビジネスパーソンや情報に偏りが生じないようにしてほしいと思っています。(同質化はあまり好みではありません。むしろ極端に嫌ってきた結果、今の自分があります) また、日本の北から南まで津々浦々の社会的課題はもちろん、世界中の課題が集積するようなプラットフォームになっていただけるといよいよ面白くなってくるかなと?(英語は苦手ですが)
Q5
今一番関心を持っていること、好きなこと、楽しみにしていること、を教えてください。
A5
北海道と沖縄に生活とビジネスの拠点を作ることが目標です!今具体的にゴソゴソ動いています・・・これができたら日本の端と端を行ったり来たりという楽しい生活が待っています。楽しみ・・・ (ちなみに、この内容は北海道十勝で書いています。年末年始は北海道大樹町のワークステイプログラムを活用して籠りながら仕込み仕事をする予定)
古波津勝彦(こはつ・かつひこ)
株式会社KAI代表取締役

1992年環境調査会社入社し環境調査業務を経て1998年ニチアスに転職。工場長付として品質問題に伴う組織改革を中心的に関わった後、2004年日産自動車入社。購入部品グローバル品質方針策定・展開業務および品質体制評価・監査業務に従事。主に未然防止(リスクマネジメント)推進の方針化を推進。その後マーケットインテリジェンス(市場情報の事業戦略化)に携わる傍ら、経営直轄改革チーム"クロスファンクショナルチーム(CFT)"に参画。2013年日産退職後、戦略コンサルティングを展開する株式会社KAIを設立。

株式会社KAI

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  2. 2【丸の内de地方創生】文化でまちづくり−国際北陸工芸サミットを契機として−
  3. 3【特別イベント】さんさんビジネスクリエイト『活気ある都市センターを創る』
  4. 4【丸の内プラチナ大学 特別イベント】「日本版CCRCがわかる本」(松田智生著)出版記念シンポジウム
  5. 5【レポート】CCRCの未来が指し示す場所
  6. 6【さんさんビジネスクリエイト】「530(ゴミゼロ)の日にフードロスを考える」
  7. 7【協力イベント】生きもの観察会「ホトリア広場を、見に行こう。」
  8. 8日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  9. 9【VOICE】桜庭大輔さん
  10. 10【さんさん対談】 企業や人をつなぐプラットフォームを作り、循環型社会を実現

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)