イベント地球大学

地球大学×食と農林漁業の祭典『農業分野の新ビジネス』

2013年11月18日(月)18:00〜19:30 ※19:30~懇親会

<地球大学×食と農林漁業の祭典『農業分野の新ビジネス』>

日本の農林漁業・食品産業・農山漁村がもつ素晴らしい価値を国内外に広く伝えることを目的として、2012年初めて開催した『食と農林漁業の祭典』。
全体では延べ約35万人の方にご来場いただき、日本の「食」と「農林漁業」のすばらしさをアピールしました。今年も、11月を中心として、この国が持っている食の実力を、世界へ向けて発信していきます。

同じく、2012年度より「食」を中心のテーマとしたセミナーを継続しており、今年度は更に「食」にフォーカスしている『地球大学』。

この2つの共同開催で、シンポジウム<地球大学×食と農林漁業の祭典>を2回にわたってお送りいたします。
11/11(月)の第1弾『丸の内健康宣言』に続き、第2弾は11/18(月)に『農業分野の新ビジネス』をテーマに実施いたします。

ゲストには、伊藤 彰 氏(日本サブウェイ株式会社)、藤田 和芳 氏(大地を守る会・(大丸有つながる食プロジェクト)、田中 淳夫 氏(銀座ミツバチプロジェクト)、井上 友美 氏(三菱地所株式会社 商業施設業務部・丸の内シェフズクラブ担当)を迎え、農業分野を絡めた新ビジネスを含めた日本の食の新しい可能性について語っていただきます。

概要

開催日時

2013年11月18日(月) 18:00〜19:30(17:30開場・受付開始)[19:30~懇親会]

場所

定員

60

参加費

2,000円

申し込み方法

申し込み期間

2013年11月1日(金)-11月15日(金)17:00まで

お問い合せ先

地球大学運営事務局(株式会社サンプラックス内)
石川 頼子:earth@ecozzeria.jp

ゲスト

伊藤 彰 氏(日本サブウェイ株式会社)
藤田 和芳 氏(大地を守る会・(大丸有つながる食プロジェクト
田中 淳夫 氏(銀座ミツバチプロジェクト)
井上 友美 氏(三菱地所株式会社 商業施設業務部・丸の内シェフズクラブ担当)

特記事項

※参加費は当日、現金にてお支払い頂きます。

モデレーター

竹村 真一
竹村 真一(たけむら・しんいち)
Earth Literacy Program 代表

1959年生まれ。東京大学大学院文化人類学博士課程修了。現在、京都造形芸術大学教授。生命科学や地球学を踏まえた新たな「人間学」を構想するかたわら、独自の情報社会論を展開。ウェブ作品「センソリウム」や「触れる地球」、地域情報システム「どこでも博物館」など、自ら実験的なメディア・プロジェクトを数多く手がける。近著に「地球の目線」「宇宙樹」「地球を聴く」(坂本龍一氏との共著)など。

竹村 真一プロジェクトサイト『Earth Literacy Program』

地球大学アドバンス

「食」を中心としたテーマで新たな社会をデザイン

科学研究の最前線を交えながら、地球環境のさまざまな問題や解決策についてトータルに学び、21世紀の新たな地球観を提示するシンポジウムです。「食」を中心としたテーマで新たな社会デザインを目指します。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  2. 2【丸の内de地方創生】文化でまちづくり−国際北陸工芸サミットを契機として−
  3. 3【特別イベント】さんさんビジネスクリエイト『活気ある都市センターを創る』
  4. 4【丸の内プラチナ大学 特別イベント】「日本版CCRCがわかる本」(松田智生著)出版記念シンポジウム
  5. 5【さんさんビジネスクリエイト】「530(ゴミゼロ)の日にフードロスを考える」
  6. 6【レポート】CCRCの未来が指し示す場所
  7. 7【協力イベント】生きもの観察会「ホトリア広場を、見に行こう。」
  8. 8日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  9. 9【VOICE】桜庭大輔さん
  10. 10【さんさん対談】 企業や人をつなぐプラットフォームを作り、循環型社会を実現

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)