イベント特別イベント

【協力イベント】東北の復興2015:企業と被災地の現状とこれから

2015年3月17日 (火)14:00-16:30(開場13:30)

東北の復興2015:企業と被災地の現状とこれから
~最新の調査結果と事例から読み解く2015年以降のニーズ~

東日本大震災から5年目が経とうとしています。
地域創造基金さなぶりでは、2015年2月、企業約750社を対象に、東日本大震災へ向けた支援の状況と、今後どのような支援をする意向があるか調査を実施。その結果を発表し、そこから見える企業支援の特徴と課題を解説します。
併せて、発災から5年目を迎える被災地域の現状を説明し、いま求められているニーズや企業だからこそできる支援についても解説します。また、東北に支援だけではない積極的な意義を見出している企業の事例を共有しながら、企業と東北のつながり方を参加者と共に考えます。

概要

開催日時

2015年3月17日 (火)14:00-16:30(開場13:30)

場所

対象

どなたでもご参加いただけます。

参加費

無料

プログラム

1.趣旨説明
2.企業の支援意向についての調査結果の発表/数字でみる東北地域と復興
 復興庁(調整中)
 鈴木 祐司(公益財団法人地域創造基金さなぶり 専務理事/事務局長)
 玉川  努(公益財団法人地域創造基金さなぶり 客員研究員/東北大学 博士課程)
3.事例発表・クロストーク ―復興支援企業から―
 河崎 保徳氏(ロート製薬株式会社 経営企画本部広報CSV推進部担当部長/公益財団法人みちのく未来基金 理事)
 山本 啓一朗氏(NEC CSR・社会貢献室 エキスパート/一般社団法人プロジェクト結コンソーシアム 理事/サメの街気仙沼構想推進協議会 プロジェクトマネージャー

 <コメンテーター>
 田村 太郎氏(復興庁 復興推進参与/一般財団法人 ダイバーシティ研究所 代表理事)

申し込み方法

お問い合せ先

公益財団法人 地域創造基金さなぶり  
担当:鈴木・吉田
TEL:022-748-7283 FAX:022-748-7284
Email:event[at]sanaburifund.org

※[at]を@に変えて送信してください。

特記事項

主催:公益財団法人 地域創造基金さなぶり

後援 :復興庁(申請中)

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【さんさん対談】SDGsで世界を変えていくために
  2. 2【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  3. 3【さんさん対談】「働き方」から生き方、社会を変えていく
  4. 4【レポート】食の未来、農林水産業の未来とは?
  5. 53×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  6. 6【レポート】日本の常識は、シリコンバレーの非常識?
  7. 7日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  8. 8【レポート】「地方紙」発で考える、新しいビジネスの可能性
  9. 9BFL地方創生セッション vol.10「金融機関が仕掛ける地方創生」
  10. 10【コラム】「社員の健康」で「会社の健康」を

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)