イベント特別イベント

【3×3Lab Future オープニングシンポジウム】第1回:水環境・ビジネスを考える

2016年2月26日(金)18:00-21:00 (懇親会含む)

地球温暖化が進む中で一番はじめに被害に結びついていくと思われる水循環の激変です。実例や企業の取り組みを交え、この問題を紹介します。

「3×3Lab Future」は国内外の企業や人材が様々なテーマで幅広く交流し、 ビジネスを創発 するためのスペースとして2月16日(火)開所致します。
オープニングシンポジウムでは、次世代環境技術やこのエリア独自の様々な取り組みをテーマに設定し、各回テーマにまつわる施設の特徴紹介や、セミナー・懇親会を実施します。

概要

開催日時

2016年2月26日(金)18:00-21:00 (懇親会含む)

場所

対象

エコッツェリア会員企業、及び一般の方で大丸有エリアのまちづくり・3×3Lab Futureへ関心がある方

定員

100名

参加費

2,000円(懇親会費込み:エコッツェリア会員企業の方は無料)

プログラム

16:00~18:00 施設見学会(ご自由にご観覧いただけます)

18:00 施設紹介(エコッツェリア協会)

18:10 オープニングメッセージ(VTR)

18:20~19:50

【キーノートスピーチ】
『水から始まる地球の危機』
小林 光
(慶應義塾大学大学院特任教授・元環境省環境事務次官)

【ゲストスピーチ①】
『TOTOの「水環境貢献」 ~水と地球の、あしたのために。~』
木村 博幸
(TOTO株式会社 ESG推進部 環境商品推進グループ グループリーダー)

【ゲストスピーチ②】
『お濠の水環境改善への民間の取り組みについて』
渡邉 仁
(三菱地所株式会社 開発推進部 街づくり支援室長)

【パネルディスカション】
キーノートスピーカーとゲストによるテーマディスカッション

20:10~21:00 懇親会

申し込み方法

お問い合せ先

エコッツェリア協会 担当:山下・大木
salon@ecozzeria.jp

大丸有環境共生型まちづくり推進協会 事務局
TEL : 03-6266-9400(代)

ゲスト講演者

kobayashi.jpg
小林 光

慶應義塾大学大学院特任教授
元環境省環境事務次官

1973年環境庁(当時)入庁後、主に環境と経済、環境のための計画、地球環境等に関わる諸課題を担当。2009年7月より環境事務次官。2011年1月に退官し、同年4月より慶応義塾大学大学院及び環境情報学部教授(2015年より特任教授)。 専門は、環境政策論、エコまちづくり、環境共生経済論。エコッツェリア協会「CSV経営サロン」道場主を務める。関連著書『環境でこそ儲ける』

toto kimura.jpgのサムネイル画像
木村 博幸

TOTO株式会社
ESG推進部 環境商品推進グループ グループリーダー

1990年 東陶機器(株)(現TOTO(株))入社、水泳用プール、洗面用カウンターの開発部門、マーケティング部門などを経て、2008年より現職。以来、TOTO商品の環境性能の向上の推進、および環境コミュニケーション業務に携わっている。

watanabe.JPG
渡邉 仁

三菱地所株式会社 開発推進部 街づくり支援室長

早稲田大学大学院で都市計画専攻。1984年三菱地所(株)入社。ニュータウン開発を中心に街づくりに携わり、仙台市、札幌市などのニュータウンの企画、計画を担当。その後、大丸有地区の街づくりに携わり、1-1計画、常盤橋計画の他、大手町、有楽町などのビジョン策定などを担当。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内de地方創生】愛媛の魅力たっぷり、海・山・里がある暮らし
  2. 2【CSV経営サロン】2017年度 第4回CSV経営サロン
  3. 3BFL地方創生セッション vol.7 「SDGsカードゲーム」
  4. 4丸の内プラチナ大学 忘年会
  5. 5【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  6. 6【レポート】金融が仕掛ける、観光・移動で一歩踏み出した地域活性化
  7. 7【レポート】資源の宝庫、課題の宝庫。「あれもこれも」を捨てられるか(笠間市・前編)
  8. 8【レポート】CSV実践に向けた、各人の「最初の一歩」とは
  9. 9【レポート】学び・焼物・栗――同時に起こるまちをつくろう(笠間市・後編)
  10. 10【レポート】丸の内に集う"ヨソモノ"が地方を変えていくために

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)