イベント特別イベント

【特別イベント】スズメの住宅難を救え!~巣箱づくりと都心の生きもののつながりを知ろう~

2018年3月18日(日) 10:00~12:00 ※受付9:45  参加費無料

春は、植物だけでなく、生きものたちも目覚めの季節。
親子で都会の生きもののつながりを知り、野鳥のための巣箱づくりをしてみませんか?

9:45 受付開始
10:00 大手町周辺の生きものと野鳥についてレクチャー
10:20 巣箱づくり(45分程度)
11:05 ホトリア広場にてスズメ用の巣箱を設置する。野外で生き物探し&観察会
12:00 終了・解散

概要

開催日時

2018年3月18日(日) 10:00~12:00 ※受付9:45  参加費無料

場所

対象

親子

定員

10組

参加費

無料

持ち物

軍手、金づち、飲み物(もしくはマイコップ)、雨天時は雨具(お子様はレインコートの着用を推奨)、巣箱を持ち帰るための大きめの袋

プログラム

春は、植物だけでなく、生きものたちも目覚めの季節。
親子で都会の生きもののつながりを知り、野鳥のための巣箱づくりをしてみませんか?

住宅街でよくみられる、シジュウカラという小鳥は2月ごろから新居を探し始めます。
都会のスズメどうでしょう!?
3×3Labでは、2016年夏より3×3Lab前のお庭(以下、ホトリア広場)の生き物モニタリング調査を継続しています。その結果、ホトリア街区周辺の交差点の信号機の下に、スズメの巣があることが確認されました。スズメは、都心部ではそのような場所をねぐらとして利用しているものの、圧倒的にねぐらとして利用できる場所は少なくなってきているということも調査を通じてわかりました。
そこで今回、すでにホトリア広場に設置されているシジュウカラ用の巣箱をスズメ用にリフォームし、巣箱の付け替えを実施します。参加者のみなさんも一緒に、野鳥のための巣箱を作ってみましょう。
完成した巣箱は、各自お持ち帰りいただきます。
巣箱づくりだけでなく、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアの生きもののつながりについても学び、野外で生きもの観察会と生きもの調査体験もしてみましょう。

*使用する巣箱のキットは、三菱地所㈱の社会貢献活動の一環として実施されている「空と土プロジェクト」にて製作されたものです。
※悪天時は屋内プログラムに変更します。

申し込み方法

申し込み期間

申込み開始日 ~2018年3月16日 15:00まで

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【さんさん対談】SDGsで世界を変えていくために
  2. 2【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  3. 3【さんさん対談】「働き方」から生き方、社会を変えていく
  4. 4【レポート】食の未来、農林水産業の未来とは?
  5. 5【レポート】日本の常識は、シリコンバレーの非常識?
  6. 63×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  7. 7日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  8. 8BFL地方創生セッション vol.10「金融機関が仕掛ける地方創生」
  9. 9【丸の内プラチナ大学】第3期 開講説明会
  10. 10【レポート】「地方紙」発で考える、新しいビジネスの可能性

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)