シリーズVOICE

【VOICE】土谷 貞雄さん

建築家・暮らし研究家・「3*3ラボ」モデレーター

暮らしを考える、未来VISIONを作る

エコッツェリアには「3*3ラボ」で来ています。3Rと3rdプレイスをテーマに、アジアで活躍する若者を紹介してきました。去年までは月1回でしたが、今年から週に1、2回。集まった人たち同士をつなげることを大テーマにしながら、企業ともコラボできるプラットフォームに育てたいですね。エコッツェリアさんは、こんな日本の一等地を開放してくれていて本当にありがたい。もっとフル活用して使い切ってやろうと思っています(笑)。

Q1
大丸有(大手町・丸の内・有楽町)で好きな場所は?
A1
一番時間を費やしているのは「DEAN & DELUCA」かな。長居しても怒られないから。あとはここ。キレイな女の子がいっぱいいるし(笑)。
Q2
大丸有を1日自由にできたら?
A2
仲通で「3*3ラボ」のイベントやりたいですね。実証実験都市としては「時間特区」をやってみたい。神田から有楽町まで、時間を決めてパーソナルモビリティ走らせるの。1回やってみましょうよ!
Q3
あなたが大切にしているものは何ですか?
A3
「スピード」。これが最近のテーマ。決断のスピードと数がクォリティに繋がると思っているので。
Q4
オススメの本は?
A4
乱読ばかりですが、何度も繰り返し読んでいるのは佐藤一斎の『言志四録』。迷ったときにぺらぺらーっと読んでます。
Q5
エコッツェリアのいいところは?
A5
こんなアクセスがいいところを、人が集まるポイントとして使わせてくれること。ここがアジアと繋がって、新しいビジネスの仕組みが生まれるかもしれない。アジアの人が東京に来るなら、まずここに来るようになるといいですね。
土谷 貞雄
土谷 貞雄(つちや・さだお)
くらしの良品研究所 株式会社貞雄 代表

無印良品のコミュニケーションサイト「くらしの良品研究所」「みんなで考えるすまいのかたち」などを運営、コラムの執筆やアンケートなども自ら行い、コミュニケーションを通したものづくりや共感の仕組みづくりを実践。現在はフリーランサーとして様々な企業のウェブコミュニティーをサポート、またリアルな研究会なども多く主催。

『土谷貞雄の暮らしと住まいの研究室』

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内de地方創生】愛媛の魅力たっぷり、海・山・里がある暮らし
  2. 2【CSV経営サロン】2017年度 第4回CSV経営サロン
  3. 3BFL地方創生セッション vol.7 「SDGsカードゲーム」
  4. 4丸の内プラチナ大学 忘年会
  5. 5【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  6. 6【レポート】金融が仕掛ける、観光・移動で一歩踏み出した地域活性化
  7. 7【レポート】資源の宝庫、課題の宝庫。「あれもこれも」を捨てられるか(笠間市・前編)
  8. 8【レポート】CSV実践に向けた、各人の「最初の一歩」とは
  9. 9【レポート】学び・焼物・栗――同時に起こるまちをつくろう(笠間市・後編)
  10. 10【レポート】丸の内に集う"ヨソモノ"が地方を変えていくために

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)