シリーズVOICE

【VOICE】臼井清さん

志事創業社 代表

"志"を同じくする人とともに

昨年大手企業を退職、「志事創業社」を起業し、3×3Laboを利用させてもらっています。エコッツェリアとは以前からのご縁で3×3Labo創設前からのお付き合い。いろんな企業や団体のさまざまなタイプの人が集ってつながっていく、すごく面白い場所ですよね。営業しなくてもビジネスチャンスと出会えるというメリットもあります(笑)。また、今、「丸の内プラチナ大学」のお手伝いもしていて、ものすごい可能性を感じています。3×3Laboでは、こういうさまざまな出会いを起点に長い時間をかけて育てていくビジネスに、もっともっと取り組んで行ってほしいと思っています。

Q1
若くして退職、起業された理由は?
A1
40代で最年少部長になって「勘違い」していた時期もあったのですが(笑)、ずっと一緒にやってきた部下に「あなたと一緒に仕事をしていても面白くない」と言われたことや、赴任したヨーロッパで、仕事ばかりではない精神的に豊かな生活に触れたこと、震災の後、製造業としての使命を真剣に考えるようになったこと......複合的な理由がたくさんありますね。高度経済成長の申し子みたいに、競争相手は叩き潰す!というビジネスのやり方に疑問を感じるようになり、「志を同じくする人と仕事をしたい」という思いを込めて、「志事創業社」という社名にしました。詳しくは「丸の内プラチナ大学」へお越しください(笑)。
Q2
3×3Laboでビジネスチャンスに出会えるというのはどういうことでしょうか。
A2
3×3Laboに集まる人は何かしら課題意識を持っていて、「俺が俺が」と前に出てくるよりも、周囲にいる人から"何かを引き出したい"と強く思っている人が多いような気がします。そして、そこで得た情報をまた人へ伝えていく。なので私が何者かも、自然と人から人へと伝わっていくし、「こういう人がいるから会ってくれないか」という相談も受けるようになりました。
Q3
大丸有で好きな場所は?
A3
三菱一号館美術館です。美術、特に絵画が好きで、アートエデュケーターの資格も持っています。自慢です(笑)。ビジネス街に美術館があるのは素晴らしい。ターナーがとても好きです。
Q4
大丸有を1日好きにして良い、と言われたら?
A4
アートフェス! いや、アートに限らずワイガヤできるビッグなお祭りができたら楽しいでしょうね。街をジャックして落書きしたりバーベキューしたり。とんでもないものに出会えそうな気がします。
Q5
オススメの本を一冊教えてください。
A5
訊かれたら必ず答えるのがナンシー・ルブリンの『ゼロの力』です。ビジネスをする人には一度は読んでほしい1冊。「何も」持っていない人ほど、人を動かすことができるという実例満載の本です。当たり前のことが書かれているだけのようにも見えますが、仕事に向けて元気が出てきます。
臼井清(うすい・きよし)
志事創業社 代表

2014年12月、30年勤めた大手情報機器メーカーを"早期"退職。マルチステークホルダーとの「共創」を進めるコンサルティングを行う「志事創業社」を起業。前職在職中から、他社の志を同じくする仲間たちと"会社人を社会人に!"をスローガンに「かなりあ社中」を結成し活動を開始。「共創」イベントの企画,ファシリテーションなども行う。同名義で日経テクノロジーオンラインでコラム「ソーシャル・リーマンズが行く!」を連載中。3×3Laboの「丸の内プラチナ大学」ではプレゼンター、講師なども務めている。SVP東京 理事,一般社団法人新興事業創出機構 フェロー,一般社団法人 企業間フューチャーセンター 理事 等
志事創業社
ソーシャル・リーマンズが行く!

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  2. 2BFL地方創生セッション vol.3 「レジリエントカンパニー」
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4MBA白熱教室 vol.0 in 3×3 Lab Future 〜シェアリング・エコノミー時代の戦略的思考〜
  5. 5【レポート】会津若松の未来をIT、商工業、農業で深く徹底的に掘り下げる(会津若松・前編)
  6. 6【レポート】会津若松の未来は小さな一歩から(会津若松・後編)
  7. 7【CSV経営サロン】2017年度 第3回CSV経営サロン
  8. 8さんさんネットワーキングvol.18~小布施で本と栗と牛を養う親子の話
  9. 9BFL地方創生セッション vol.4 「地域に必要な情報発信、メディア機能」
  10. 10【VOICE】竹内純子さん

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)