トピックス大丸有

【大丸有】出光美術館 「没後50年・大回顧 板谷波山の夢みたもの」

展覧会のお知らせ

左:葆光彩磁草花文花瓶 板谷波山 大正6年(1917)出光美術館蔵
右:葆光彩磁花卉文花瓶 板谷波山 昭和3年(1928)頃 出光美術館蔵

「没後50年・大回顧 板谷波山の夢みたもの 
―〈至福〉の近代日本陶芸」
《2014年1月7日(火)~3月23日(日)》

近代陶芸の巨匠、板谷波山(1872~1963)は、明治・大正・昭和の美術思潮に応えながら、困難な時代を乗り越え、最高の美を求め続けました。美しさを夢みる力は高い理想と誠実な技に貫かれた作品のすべてに、魂のように籠められています。 生涯をかけて自己への厳しい姿勢で追求された陶芸は、波山を、そして私たちを至福の世界に包み込むものに他なりません。波山が世を去って半世紀の今、出光コレクションの波山陶芸約180件と素描集約120件を一堂に展観し、私たちの時代へ、夢みる力を問いかけます。

開催時間:10:00~17:00、毎週金曜は19:00まで
(入館は閉館30分前まで)
※月曜休館

入館料 一般1000円、高大生700円
※中学生以下無料(但し保護者の同伴が必要)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第3期生募集中!〜
  2. 2【丸の内プラチナ大学】第3期 開講説明会
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4【特別イベント】プレミアムフライデーを考える~時間の使い方をデザインする~
  5. 5BFL地方創生セッション vol.10「金融機関が仕掛ける地方創生」
  6. 6【&さんさん】ラオスに行きたくなる ~特別編 ラオスコーヒーの取組を通じてPtoPビジネス(民衆交易)を考える ~ 
  7. 7【レポート】日本の常識は、シリコンバレーの非常識?
  8. 8【さんさん対談】「働き方」から生き方、社会を変えていく
  9. 9【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  10. 10【エコキッズ】エコキッズ探検隊出前授業 熱の不思議?冷却パックをつくろう!

トピックス

過去のアーカイブ(2013年5月以前)