トピックス大丸有

【大丸有】出光美術館 「江戸の狩野派 ―優美への革新」

展覧会のお知らせ

松竹に群鶴図屏風(左隻部分) 狩野安信 江戸時代 出光美術館蔵

「江戸の狩野派 ―優美への革新」
《11月12日(火)~12月15日(日)》

400年以上にもわたる栄華を誇った狩野派の歴史の中でも、徳川幕府の御用絵師として活躍した"江戸狩野"に焦点をあてています。特に優美・洒脱な絵画様式によって、新たな時代を切り拓いた画壇の覇者・狩野探幽(1602~74)は、最も注目すべき絵師です。前代の狩野派絵画との比較展示や、円山応挙らに先駆けする風景や草花等の探幽の絵画作品を通じて、江戸狩野の祖として絶大な影響をもった探幽芸術の創造性、革新性をじっくり紹介します。

開催時間:10:00~17:00、毎週金曜は19:00まで
(入館は閉館30分前まで)
※月曜休館

入館料 一般1000円、高大生700円
※中学生以下無料(但し保護者の同伴が必要)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です。

おすすめ情報

トピックス

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【特別イベント】アフター平成時代を切り拓くための経営マインドとは
  2. 2【特別イベント】福島県浪江町における農業"新興"に向けた取り組み ~担い手育成に向けて~
  3. 3【特別イベント】大丸有で生物多様性について考える Vol.1 『宇宙から考える、生物多様性』
  4. 4【レポート】シリコンバレーから「挑戦すること」を学べ!
  5. 53×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  6. 6【レポート】企業の環境・CSR・IR・広報・経営企画担当者がいま直面している課題
  7. 7【さんさん対談】SDGsで世界を変えていくために
  8. 8【レポート】このまちが好きだから―6次産業化によるソーシャルビジネスモデルを考える
  9. 9【協力イベント】デロイト トーマツ 地域課題解決フォーラム ~復興支援からの学びを地域課題解決に生かす~
  10. 10【レポート】「電子地域通貨で地域を守る」−−さるぼぼコインの挑戦

過去のアーカイブ(2013年5月以前)