イベント特別イベント

【協力イベント】東京都心で深める地方創生

2016年9月6日(水)13:00-15:00

このたび、全国からも注目を集めている、地方創生の最先端を走る鹿児島県長島町をテーマとしたイベント「東京都心で深める地方創生」を開催します。
長島町で取り組んでいる空き家対策や事業承継などの実践事例を学び、ワークショップ等を通じて、今後の「地方創生」「地域づくり」の展開を参加者とともに考えます。
ぜひご参加ください!

概要

開催日時

2016年9月6日(水)13:00-15:00

場所

対象

どなたでもご参加いただけます。

参加費

1,000円

プログラム

13:00-14:00 パネルディスカッション
14:00-15:00 長島町の最新の取組み・活動紹介、意見交換

申し込み方法

登壇者

suzukan.jpg
鈴木 寛(すずき かん)

【東京大学/慶應義塾大学 教授】
1986年通商産業省に入省。慶應義塾大学助教授を経て、2001年参議院議員初当選。文部科学副大臣(2期)。2012年一般社団法人社会創発塾設立。2014年2月より東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科教授。2015年文部科学大臣補佐官。

登壇者

tamamura.jpg
玉村 雅敏(たまむら まさとし)

【慶應義塾大学総合政策学部 教授】
専門分野はソーシャルマーケティング、公共経営など。新潟市・横須賀市・天草市・鈴鹿市・市原市・氷見市・長島町などのアドバイザーや内閣官房の地域活性化伝道師を務める。博士(政策・メディア)。
著書に『ソーシャルパワーの時代―「つながりのチカラ」が革新する企業と地域の価値共創(CSV)戦略』(2016年、編著)『東川スタイル―人口8000人のまちが共創する未来の価値基準(スタンダード)』(2016年、編著)など。

登壇者

inoue.jpg
井上 貴至(いのうえ たかし)

【鹿児島県長島町副町長(地方創生担当)】
2008年 東京大学法学部卒業。卒業後、総務省に入省。
2015年4月、地方創生人材支援制度の第1号で、総務省から鹿児島県長島町に派遣、同年7月に、副町長(地方創生担当)に選任。8月には、南九州で最初に、人口ビジョンと地方版総合戦略を策定。ぶり奨学金など地域の課題を捉えたユニークな施策が注目を集める。

司会

横田 浩一(よこた こういち)

【横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授】
早稲田大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2011年日本経済新聞社を早期退職後、株式会社 横田アソシエイツを設立し代表取締役に就任。2011~2014年流通科学大学商学部特任教授。2011年公益社団法人日本経済研究センター特任研究員。2015年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授。 主な著書(共著):『愛される会社をつくる方法』(2014年)、『ソーシャル・インパクト』(2014年)など

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  2. 2BFL地方創生セッション vol.3 「レジリエントカンパニー」
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4MBA白熱教室 vol.0 in 3×3 Lab Future 〜シェアリング・エコノミー時代の戦略的思考〜
  5. 5【レポート】会津若松の未来をIT、商工業、農業で深く徹底的に掘り下げる(会津若松・前編)
  6. 6【レポート】会津若松の未来は小さな一歩から(会津若松・後編)
  7. 7【CSV経営サロン】2017年度 第3回CSV経営サロン
  8. 8さんさんネットワーキングvol.18~小布施で本と栗と牛を養う親子の話
  9. 9BFL地方創生セッション vol.4 「地域に必要な情報発信、メディア機能」
  10. 10【VOICE】竹内純子さん

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)