イベント丸の内朝大学・レポート

【朝大学】観光庁・第1回「今しかできない旅がある」審査員特別賞を受賞!

丸の内朝大学地域プロデューサークラス

丸の内朝大学地域プロデューサークラスは、観光庁により新設された、第1回「今しかできない旅がある」若者旅行を応援する取組表彰において、審査員特別賞を受賞しました。

本表彰は、近年、若者の旅行離れが指摘されるなか、若者の旅行振興に寄与した取組みや仕掛けを講じている地方公共団体、NPO、企業等を対象に新設されたものです。第1回の表彰にあたっては、61件の応募があり、朝大学では、地域の課題解決に取り組む「地域プロデューサークラス」が表彰を受けました。
審査委員からは、「地域の課題を解決する授業の一環で実際に若者を地域に派遣するという取組みの斬新性に加え、取組みの結果、受講者が地域に愛着を感じ、授業終了後も自主的に地域に赴いている点」を評価いただきました。

6月27日に観光庁にて行われた表彰式には、丸の内朝大学企画委員会からエコッツェリア協会の井上成と加藤奈香が出席し、表彰状を受け取りました。
※写真中央が観光庁の井手憲文長官。

丸の内朝大学は今後も、都市の人々が地域に興味を持ち、現地を訪れるきっかけとなる場、都市と地域がコミュニケーションをとれる場として、受講生の活動をサポートし、コミュニティプラットフォーム機能をもった市民大学としての発展を目指していきます。

これまで丸の内朝大学の活動ご協力をいただきました皆様に御礼を申し上げるとともに、今後も変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。

■受賞対象名
丸の内朝大学 環境学部 地域プロデューサークラス

■審査委員による評価コメント
地域の課題を解決する授業の一環で実際に若者を地域に派遣するという取組みの斬新性に加え、取組みの結果、受講者が地域に愛着を感じ、授業終了後も自主的に地域に赴いている点を評価。

詳細はこちらをご覧ください。

丸の内朝大学

未来へつながる、あたらしい朝のかたち

大手町・丸の内・有楽町地区全体をキャンパスに、朝7時台~8時台に開校する市民大学。3ヶ月1学期とし、春・夏・秋の3期開講する講座には、年間のべ約2,600人が参加。朝の定期的な学びの場を通して熟成した都市型コミュニティが、世の中にグッドシフトを起こしています。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【さんさん対談】SDGsで世界を変えていくために
  2. 2【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  3. 3【さんさん対談】「働き方」から生き方、社会を変えていく
  4. 4【レポート】食の未来、農林水産業の未来とは?
  5. 5【レポート】日本の常識は、シリコンバレーの非常識?
  6. 63×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  7. 7日本初のCSV本部設立にかけるキリン 「健康的な社会があってこそ、会社は存続できる」
  8. 8BFL地方創生セッション vol.10「金融機関が仕掛ける地方創生」
  9. 9【丸の内プラチナ大学】第3期 開講説明会
  10. 10【レポート】「地方紙」発で考える、新しいビジネスの可能性

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)