イベントエコキッズ探検隊・レポート

【エコキッズ】イソギンチャクマグネット・ワークショップで資源の大切さを学ぼう

2014年8月11日(月)開催

patagonia(パタゴニア)東京・丸の内店で、エコキッズ探検隊2014「イソギンチャクマグネット・ワークショップ」が開催されました。

20140811sub1.jpg

お客様から回収したパタゴニア製品の古布を重ねて、イソギンチャク型のマグネットを作ります。使われなくなった布を新しく生まれ変わらせ、資源の大切さを考えるワークショップです。
ワークショップパートナーのsetoは、いきものや自然をモチーフに活動する、デザインレーベルです。

20140811sub2.jpg

デザインをイメージするために、イソギンチャクがどんなものなのか、本を見たり写真を見て想像をふくらませます。

20140811sub3.jpg 20140811sub4.jpg

イメージが掴めたら、早速作っていきましょう。 耐久性撥水加工された素材やリサイクルナイロン・ポリエステル・ウールなどさまざまな素材や色の布の山から、5種類の布を選びます。ファスナーや紐、服の襟や袖を活かそうとしている子もいます。
選んだ布が重ねたときに見えるよう、大きさや形を変えて、はさみで切り、中央にマグネットを入れて縫い合わせて完成。

20140811sub5.jpg 20140811sub6.jpg 20140811sub7.jpg

しっかりくっつきました。安全ピンをつければバックなどにもアクセサリー感覚で付けることができます。
本来なら捨てられていた布を、見事再利用することができました。ファスナーつきイソギンチャクや、紐を引くと本物のように萎むイソギンチャクなど、それぞれオリジナリティ溢れるイソギンチャクマグネットのできあがりです。

環境を考えるクイズ大会

後半は場所を3×3Laboに移し、パタゴニアのオリジナルステッカーがもらえるクイズ大会がスタート。
Q1.「着なくなった服は、どうしたら地球に優しいでしょう?」
Q2.「地球にも生き物にも優しく、夏を涼しく過ごす為に、みんなができることを2つ考えましょう」
Q3.「地球上にある水が500mlのペットボトル1本だとすると、人間が使える水は、次のうちどれくらいでしょう?」
3チームに分かれて、クイズに挑戦!

20140811sub8.jpg

答え:Q1.リサイクル(リユース)する
Q2.打ち水、エアコンじゃなく扇風機を使う、グリーンカーテンなど
Q3.水一滴分(約一万分の一)

子供たちは古着を再利用して、新しい物を作ったり、環境クイズに挑戦して、資源の大切さを感じ考えるきっかけになったようです。

次回お届けするのは、「デジタルカメラで自然観察&フォトフレーム作り」の模様です。

エコキッズ探検隊

楽しみながら環境について学ぶキッズイベント

次世代を担う環境リーダーの育成を目指し、毎年夏に子供向け環境教育のプログラムを実施。エネルギー需要の多い都市部が直面しているヒートアイランド現象、地球温暖化、防災、資源循環などをテーマに、日本有数の企業が集中するエリアだからこそ体験できる企業プログラムを多数揃っています。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内de地方創生】愛媛の魅力たっぷり、海・山・里がある暮らし
  2. 2【CSV経営サロン】2017年度 第4回CSV経営サロン
  3. 3BFL地方創生セッション vol.7 「SDGsカードゲーム」
  4. 4丸の内プラチナ大学 忘年会
  5. 5【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  6. 6【レポート】金融が仕掛ける、観光・移動で一歩踏み出した地域活性化
  7. 7【レポート】資源の宝庫、課題の宝庫。「あれもこれも」を捨てられるか(笠間市・前編)
  8. 8【レポート】CSV実践に向けた、各人の「最初の一歩」とは
  9. 9【レポート】学び・焼物・栗――同時に起こるまちをつくろう(笠間市・後編)
  10. 10【レポート】丸の内に集う"ヨソモノ"が地方を変えていくために

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)