シリーズVOICE

【P-VOICE】原田直和さん

株式会社Heart To Earth 代表取締役

Q1
あなたが、一番強く取り組んでいるテーマは何ですか。
A1
コミュニティ
Q2
あなたはいま、どのようなプロジェクト・仕事に取り組んでいますか。
A2
私は「誰もが自分の存在を大切にし、人と人のつながりを感じながら、日々"今"という瞬間をイキイキと生きていることを実感できる持続可能な社会・組織」をテーマに、多くのパートナーと共に組織に対する関係性のコーチングや組織開発コンサルティングをしています。 主には3つの活動をしています。
①M&A後の企業文化の統合、組織・チームの風土改革に向けた組織・チームへのコーチング(システム・コーチング、エグゼクティブ・コーチング)、組織開発コンサルティング
②社会・組織をより良くしたいと願うプロコーチ・ファシリテーターの養成(CRRジャパン コーチトレーナー)
③医療分野で働く人、企業で働く人がイキイキと働けるようになるためのコミュニケーション研修・コーチング
Q3
3×3Lab Futureでどのような活動をしていますか。
A3
私は2014年の3×3Labのオープン当初からこちらを利用させてもらっています。当時、起業したばかりだったので、ほぼ毎日のように利用させていただいていました。この数年の間には、会員さん向けの対話会をファシリテーションをさせていただいたり、ダイバーシティーなどのテーマでワークショップをさせていただいたこともあります。 今は、主には3×3Lab Futureのメンバーのチームや組織運営の相談などを受けたり、対話を通して元気を提供しています。 あとは若松さんやスタッフのガス抜きのお手伝い(お茶友達)でしょうか(笑)
Q4
3×3 Lab Futureやエコッツェリア協会に期待していることはなんですか。
A4
私は仕事で人と人の関係性を扱っていることから、誰もが安心して行き交える場を創っていただけることを期待しています。そして「社会ー企業・学校ー地域ー家族ー個人」のつながりを実感できる場があると嬉しいです。 具体的には、3×3 Lab Futureやエコッツェリア協会の利用者も、ただ会場を使用するだけでなく、お互いの活動や想いなどを共有できる場がもっと気軽に生まれると良いな〜って思っています。
Q5
3×3 Lab Futureをこう活用したい、というアイデアを教えてください。
A5
私自身は3×3 Lab Futureになってから、まだワークショップなどイベントを開催していないので、皆さんにお役に立てるような情報発信ができたらいいなって思っています。あとは、お互いに気軽に情報発信ができたり、情報を受け取れる場があるといいですね。
Q6
大手町・丸の内・有楽町エリアで好きな場所/お店/活動/イベントを1つ、教えてください。
A6
行幸通りのスペースが好きですね。東京駅と皇居をつなぐ通りで東京都心のど真ん中にも関わらず、あまりゴミゴミしておらず空気が通っている感じがする空間がとても居心地がいいです。
原田直和(はらだ・なおかず)
株式会社Heart To Earth 代表取締役、CRRジャパン ファカルティ/トレーナー

大学卒業後、15年間製薬会社にてMR、営業企画に携わり、2014年に起業。「誰もが主体的で自由にイキイキとしながら働ける組織・チーム」をテーマに、様々な企業・医療機関にてリーダー育成に向けたコーチング、組織開発コンサルティングを提供。またCRRジャパン ファカルティとして、プロのコーチ・ファシリテーターを養成している。 ICF国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ(PCC)

Heart To Earth

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【&さんさんvol.11】ラオスに行きたくなる~vol.1ラオスの食と文化を知ろう!~
  2. 2丸の内プラチナ大学 忘年会
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4BFL地方創生セッション vol.5 「金融から始まる地域連携」
  5. 5日本一のマリアージュ「宮崎牛×宮崎の本格焼酎」 宮崎の魅力を愉しむ夜会&さんさん
  6. 6【丸の内de地方創生】埼玉県飯能市「農あるくらし」を考える
  7. 7【CSV経営サロン】2017年度 第4回CSV経営サロン
  8. 8
  9. 9【P-VOICE】日下部裕美子さん
  10. 10【レポート】あなたの会社は「レジリエント」ですか?

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)