イベント環境プロジェクト

【企業向け生物多様性セミナー】第4回「自然と企業と地域をつなぐ『日本版ネイチャーポジティブアプローチ』とは」

2024年2月29日(木)15:30~17:00

生物多様性の損失は世界規模で急速に進んでおり、ネイチャーポジティブの実現が重要な使命となっています。これまでのセミナーでは、企業がネイチャーポジティブを進める上で、地域に根差したストーリーを作っていくことの重要性に触れてきました。

最終回となる今回は、日本自然保護協会が2023年5月に発表した、市区町村を基軸に生物多様性保全活動を推進してネイチャーポジティブを実現する「日本版ネイチャーポジティブアプローチ」を紹介します。生物多様性の保全と回復、自然を活かした地域づくりを目指し、必要なパートナーシップの構築、地域に即したネイチャーポジティブへの貢献度や達成状況等を定量的に評価する本取り組みをわかりやすく解説。ゲストには、2023年2月に群馬県みなかみ町・日本自然保護協会と連携協定を結び、「ネイチャーポジティブ」をキーワードに取り組みを進める三菱地所株式会社をお招きします。

参考:主催 日本自然保護協会様のご案内ページ

概要

開催日時

2024年2月29日(木)15:30~17:00

場所

対象

生物多様性やネイチャーポジティブにご関心のある企業の方

定員

会場60名、オンライン200名 ※先着順

参加費

無料(事前申込必要)

プログラム

●解説「これまでのセミナーの振り返りとネイチャーポジティブ実現に向けた世界の動きの紹介」
 道家 哲平(日本自然保護協会)

●話題提供「三菱地所グループの生物多様性保全、ネイチャーポジティブの取り組み」
 見立坂 大輔 氏(三菱地所株式会社 サステナビリティ推進部 プロモーションユニット統括)

●「『日本版ネイチャーポジティブアプローチ』とは(仮)」
 岩橋 大悟(日本自然保護協会)

●質疑応答、トークセッション

申し込み方法

申し込み期間

2024/2/25(日)23:59 まで

お問い合せ先

日本自然保護協会 企業生物多様性セミナー担当
03-3553-4101 partnership@nacsj.or.jp

特記事項

主催 公益財団法人 日本自然保護協会
共催 一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)


※日本自然保護協会とは:1951年創立、70年以上にわたり活動してきた自然保護NGO。人と自然が共に生き、誰もが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会の構築を目指しています。企業や自治体、地域の皆さまと一緒に全国各地、海から山まで、自然を調べ、守り、その恵みを活かす活動を続けています。

ゲスト

道家 哲平氏

2023_dohke.JPG

日本自然保護協会 国際担当 兼 国際自然保護連合日本委員会事務局長

生物多様性条約のNGOにおける第一人者。生物多様性条約やIUCNはじめ生物多様性に関する世界動向把握・分析を行い、日本の生物多様性保全の底上げに取り組んでいる。



見立坂 大輔氏

bd_202304_mitatezaka.jpg

三菱地所株式会社 サステナビリティ推進部 プロモーションユニット統括

東京都、神奈川県内各地の再開発エリアにおけるマンション開発、オフィスビル開発における企画推進業務を担当後、2013年より現職。三菱地所グループ各社のサステナビリティ推進支援業務、及び、大丸有SDGs ACT5等企画推進を担当。

環境プロジェクト

環境に関する様々な課題や問いと向き合う

エコッツェリア協会では、気候変動や自然環境、資源循環、ウェルビーイング等環境に関する様々なプロジェクトを実施しています。ぜひご参加ください。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1大丸有でつながる・ネイチャープログラム大丸有シゼンノコパン 夏
  2. 2環境と共生する持続可能なまち 循環型都市の実現に向けて
  3. 3丸の内ハニープロジェクト
  4. 4丸の内サマーカレッジ2024
  5. 5発酵の歴史と文化が息づくまち、香取市佐原で市民が主体となったまちづくりを学ぶ
  6. 6エネルギー産業の旗手として新ソリューションで社会課題解決へ
  7. 73×3Lab Future個人会員~2024年度(新規・継続会員)募集のお知らせ~
  8. 8【大丸有シゼンノコパン】葉っぱや花のかたちを「愛(み)る」~見方を知って6月の植物を楽しむ~【緑地を探ろう!】
  9. 9【レポート】「日本一長い地下通路」を巡る、大手町エリア地下散歩
  10. 10【丸の内プラチナ大学】2023年度開講のご案内~第8期生募集中!~

過去のアーカイブ(2013年5月以前)