イベント環境プロジェクト

【大丸有シゼンノコパン】
野鳥のさえずりを「聴る」
~《バードウィーク特別観察会》 声を聴き分けて、野鳥を3倍楽しもう!~

2022年5月15日(日)9:00~11:00

野鳥のさえずりを「聴る」
~【バードウィーク特別観察会】声を聴き分けて、野鳥を3倍楽しもう!~

春に鳴くのはウグイスだけではありません。
耳を澄ませば都会でも、さまざまな鳥の声が聞こえてきます。
お濠のそばではどんな鳥が鳴いているでしょう?
声を頼りに鳥を探しながら、春のまちを歩きます。

【バードウィーク特別観察会】の今回は・・・
シジュウカラやカワラヒワ、メジロなどの春の声を聴いてみようと思います。
鳥たちはどうして鳴くの?「さえずり」って、そもそも何?
鳥の声にはどんな意味があるの? ──

鳥たちの声に関する疑問について一緒に考えながら、
彼らの世界へと足を踏み入れてみませんか?
「声」に注目すると、野鳥観察がもっとずっと楽しくなりますヨ!

概要

開催日時

2022年5月15日(日)9:00~11:00

場所

対象

大人向け
*大人向けの内容ですがお子様の同伴可

定員

20名程度

参加費

ひとり500円(小学生以下無料)
※開催当日現金でのお支払いをお願い致します。

持ち物

歩きやすい靴で。
雨具、飲み物、帽子。
あれば双眼鏡。
筆記用具など

申し込み方法

申し込み期間

2022年5月14日(土)12:00迄。
※ただし、定員になり次第終了。

お問い合せ先

エコッツェリア協会 大丸有シゼンノコパン担当まで
info_env@ecozzeria.jp

特記事項

・天候や新型コロナウィルスの感染拡大状況および行政からの指示・要請等により、やむを得ずプログラムの中止や一部内容を変更して実施する場合がございます。
・プログラム中止・変更の際は各プログラム開催日の前日15:00までにお申込時メールアドレスにご連絡を差し上げます。
・小学生以下の参加は、保護者同行の場合にのみ可能です。保護者の方にお申込みいただき、備考欄に名前と年齢のご記載をお願いいたします。
・プログラムへの参加は新型コロナウイルスの感染対策のためマスク着用をお願いいたします。

ゲスト

image_event_20210126_kopan_nakamura.jpg
中村 忠昌(なかむら ただまさ)

東邦大学非常勤講師
技術士(環境部門)
ネイチャーガイド

1972年生まれ。千葉大学大学院園芸学研究科修了。東邦大学理学部非常勤講師。日本鳥学会会員。生物分類技能検定1級(鳥類専門分野)。技術士(環境部門)。バードウォッチング雑誌「バーダー」の編集委員。葛西臨海公園鳥類園の週末スタッフやNHKラジオ「夏休みこども科学電話相談」の回答者(野鳥担当)を経験後、現在はフリーのネイチャーガイド。ブログ「東京いきもの雑記帳」を更新中
https://tokyowildlife2020.exblog.jp/

環境プロジェクト

環境に関する様々な課題や問いと向き合う

エコッツェリア協会では、気候変動や自然環境、資源循環、ウェルビーイング等環境に関する様々なプロジェクトを実施しています。ぜひご参加ください。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1『忍たまと一緒にSDGsパネル展』 & 『親子で学ぶ体験イベント』
  2. 2【3*3 LABO】「おカネのかからないくらい豊かなくらし」 第一回 ゲスト テンダー(小崎悠太)氏
  3. 3大丸有シゼンノコパン2022 春
  4. 4【VOICE】高遠智子さん
  5. 53×3Lab Future個人会員~2022年度募集のお知らせ~
  6. 6【大丸有シゼンノコパン】野鳥のさえずりを「聴る」~《バードウィーク特別観察会》 声を聴き分けて、野鳥を3倍楽しもう!~
  7. 7【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  8. 8カーボンニュートラルLNGは「満点」ではないからこそ脱炭素化の第一歩に
  9. 9【ハイブリッド開催】三島信金 複業人材マッチングセミナー「複業・パラキャリ推進:東京から40分!三島でもう一人の自分と出会う」
  10. 10【国内】ミドリガメは規制できるのか

過去のアーカイブ(2013年5月以前)