イベント環境プロジェクト

【大丸有シゼンノコパン】
都心の夜空に土星を「望る」
~あの輪っかは本当に見えるの?~

2022年9月8日(木)19:00~20:30

太陽系の第6惑星である、土星。
誰もが知っている有名な天体のひとつですが、自分の目で探してみたり、望遠鏡を使って眺めたことがある人は、そんなに多くはないかもしれません。

その土星、実はこの9月に "見頃" を迎えているのです。ちょっとしたコツさえ分かれば、都心の明るい空の下でもちゃんと土星を見つけることができます。

晩夏の星空とともに、みんなで夜空に土星を見つけて楽しみましょう。

概要

開催日時

2022年9月8日(木)19:00~20:30

場所

対象

大人向け
*大人向けの内容ですがお子様の参加も可

定員

20名程度

参加費

ひとり500円(小学生以下無料)
※開催当日現金でのお支払いをお願い致します。

持ち物

飲み物、あれば双眼鏡や星座早見盤

申し込み方法

申し込み期間

2022年9月7日(水)12:00迄。
※ただし、定員になり次第終了。

お問い合せ先

エコッツェリア協会 大丸有シゼンノコパン担当まで
info_env@ecozzeria.jp

協力

大丸有SDGs ACT5実行委員会

特記事項

・天候や新型コロナウイルスの感染拡大状況および行政からの指示・要請等により、やむを得ずプログラムの中止や一部内容を変更して実施する場合がございます。
・プログラム中止・変更の際は各プログラム開催日の前日15:00までにお申込時メールアドレスにご連絡を差し上げます。
・小学生以下の参加は、保護者同行の場合にのみ可能です。保護者の方にお申込みいただき、備考欄に名前と年齢のご記載をお願いいたします。
・プログラムへの参加は新型コロナウイルスの感染対策のためマスク着用を推奨致しますが、お子様の着用に関してはご家庭の判断にお任せします。野外プログラムのため熱中症対策を優先でご活動ください。

ゲスト

copain_202107_tenmon.JPG
高梨直紘(たかなしなおひろ)

天文学普及プロジェクト「天プラ」代表 / 東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム特任准教授
1979年生まれ、千葉県出身。東京大学理学部天文学科卒業、同大学院理学系研究科天文学専攻修了、博士(理学)。国立天文台天文情報センター広報普及員、ハワイ観測所研究員、東京大学生産技術研究所特任助教を経て現職。天文学と人々を繋ぐさまざまな活動を企画・実施する天文学普及プロジェクト「天プラ」の代表でもある。趣味は釣り
https://www.tenpla.net/

環境プロジェクト

環境に関する様々な課題や問いと向き合う

エコッツェリア協会では、気候変動や自然環境、資源循環、ウェルビーイング等環境に関する様々なプロジェクトを実施しています。ぜひご参加ください。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1大丸有でつながる・ネイチャープログラム大丸有シゼンノコパン 春
  2. 2丸の内プラチナ大学・逆参勤交代コース特別シンポジウム 「能登半島の今と未来」
  3. 33×3Lab Future個人会員~2024年度(継続会員)募集のお知らせ~
  4. 4【山階鳥類研究所講演会】絶滅危惧種アホウドリの未来を守る!生物多様性保全の現場から緊急レポート!
  5. 5【大丸有シゼンノコパン】春のミツバチを「観る」~どこのどの花、キミは好きなの?~【まちの四季/朝活】
  6. 6丸の内ハニープロジェクト
  7. 7【大丸有シゼンノコパン】飛び集う虫や鳥を「視る」~飛んでくるにはワケがある~【まちの生きもの/親子向け】
  8. 8【レポート】「日本一長い地下通路」を巡る、大手町エリア地下散歩
  9. 9【丸の内プラチナ大学】2023年度開講のご案内~第8期生募集中!~
  10. 10【レポート】地域住民と「よそ者」が共に取り組む持続可能な里海づくりとは

過去のアーカイブ(2013年5月以前)