イベント3*3 LABO

【3*3 LABO】
with Social Sensing Lab
シリーズ「森と人とのあいだ」
第二回 "里山資本主義"

2013年7月3日(水)18:30〜21:30

森と人との関係について考えるシリーズ「森と人とのあいだ」
第2回目のタイトルは「里山資本主義」。里山をテーマにします。

ゲストは、ベストセラー『デフレの正体』の著者として有名な地域経済エコノミストの藻谷浩介さん。7月には新著『里山資本主義』を出版される藻谷さんに、「里山資本主義」とは何かを伺います。

里山は、まさに人が森と関係をつくってきた場所です。
人の生活にとってなくてはならない存在であった里山も、今はほとんど人とは関わりのない場所になっています。今の日本人にとって、里山はどのような意味があるのか。現代における里山の可能性は何か。皆で考えていきましょう。

概要

開催日時

2013年7月3日(水) 18:30〜21:30(18:15開場・受付開始)

場所

定員

50名

参加費

2,000円(ドリンク付き)

プログラム

18:15 受付開始
18:30 土谷貞雄×井上岳一 「里山とは何か」
19:30 藻谷さん講演開始 「里山資本主義」
20:30 質疑応答
21:00 全体ディスカッション(with Drink)
21:30 終了

申し込み方法

申し込み期間

7月3日(水)12:00まで

講師

藻谷 浩介
藻谷 浩介(もたに・こうすけ)

日本政策投資銀行参事役を経て現在、日本総合研究所主席研究員。長年、地域経済再生のために全国で提言を続けている。日本の全市町村をくまなく回り、年間300回もの講演活動を行う。著書に『デフレの正体』。NHK広島局制作の「里山資本主義シリーズ」に、ナビゲーターとして出演。身近な資源を活用する、地域発の新たなライフスタイルを提言した。

藻谷 浩介氏 webページ

シリーズディレクター

井上 岳一
井上 岳一(いのうえ・がくいち)

東大農学部で林学を学んだ後、林野庁に入庁。紀伊半島の国有林野の管理や国内の森林・林業政策の企画立案に携わる。2001年に退職。高級家具会社のCassina IXCを経て、2003年から日本総研に勤務。2011年にはソーシャルセンシングラボを主宰。個人と企業と社会の関係性について考察を続けている。

ソーシャルセンシングラボwebサイト

モデレーター

土谷 貞雄
土谷 貞雄(つちや・さだお)
株式会社貞雄代表 コンサルタント、建築家、住まい、暮らしに関する研究者、コラムニスト

2008年コンサルタントとして独立。商品開発からプロモーションまでを見据えた一貫した住宅商品開発支援を行い、販売にまで繋げるためのwebコミュニケーションをつかったものづくりや共感の仕組みづくりを多くの企業に導入している。また暮らしに関するアンケートや訪問調査を様々な企業のウェブサイトで実施。現代の暮らしに関する知恵を集め未来の暮らしのありかたを提案し続けている。 業務以外に住まいに関する研究会「HOUSE VISION」(代表原研哉氏)の企画運営を行い、2013年に東京お台場で大規模な展覧会を実施。その後は日本だけでなく、アジア各地で研究会や、暮らしに関する調査やイベントを定期的に行っている。各地での建築家や研究者、企業との幅広いネットワークを構築している。

『土谷貞雄の暮らしと住まいの研究室』

HOUSE VISION

3*3ラボ(さんさんらぼ)

環境プロダクト「ものづくりからことづくり」研究会

3R(Reduce:減らす、Reuse:再活用、Recycle:リサイクル)と3rdプレイス(家と職場以外の場所)づくりを目指し、毎月ゲストをお招きしたセミナーを実施します。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【一部中止・プログラム変更】大丸有シゼンノコパン 2020
  2. 2【オンライン開催】グローバルビジネス展開プログラム2020 ~Program1~
  3. 3【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  4. 4【オンライン開催!】【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第5期生募集中!~
  5. 5【大丸有】丸の内検定、ボランティア大活躍!
  6. 6【オンライン開催】アスリート・デュアルキャリアプログラム2020 ~Program3~
  7. 7【受付終了】みなとみらいの環境を考えるプログラム~水辺とつながるまちづくり~
  8. 8【オンライン開催】ミドルシニア世代"マイ・スタートアップ"プログラム2020 ~Program4~
  9. 9【CSV経営サロン】2020年度第3回 環境と投資~グリーンボンド~
  10. 10【レポート】都市農業の環境適応力と体験型農業の可能性

過去のアーカイブ(2013年5月以前)