イベント特別イベント

【オンライン開催】第2回 東京ファーマーズイノベーション2020

2020年11月26日(木) 19:00~21:00

<インキュベーションHUB推進プロジェクト>

都市農業に取組む生産者と、様々な切り口で生産者をサポートされている素敵なゲストをお迎えし、都市農業の魅力に迫る全4回のシリーズイベントを開催いたします。
昨年度よりスタートした本企画。今年度は、オンラインを通じて都市の生産者とオフィスワーカー・食の専門家・企業等がつながり、新たなパートナーシップの創造による生産者のイノベーションのサポートを目指します。

◆ 「東京NEO-FARMERS!」
・日時:2020年11月26日(木)19:00~21:00
・ゲスト講師:松澤 龍人 氏(一般社団法人東京都農業会議)
・登壇生産者:奥薗 和子 氏(ララファーム テーブル)、堀田 大勝 氏(サン農園)

◎一般参加者のみなさまへ
身近な都市農業の魅力を知り、生産者とつながる事で、新たなワークスタイルやライフスタイルの創造や、生産者のやりたい!を一緒に考えてみませんか?

------------------

【今後のスケジュール】
◆第3回 「東京野菜の流通イノベーション!」
・日時:2020年12月14日(月)19:00~21:00
・ゲスト講師:堀 将人 氏(東京野菜ネットワーク株式会社 代表取締役)

◆第4回 「東京の農とデザイン!」
・日時:2021年1月25日(月)19:00~21:00
・ゲスト講師:南部 良太 氏(一般社団法人 M.U.R.A. 代表理事・農業デザイナー)

概要

開催日時

2020年11月26日(木) 19:00~21:00

場所

参加費

無料

プログラム

「東京NEO-FARMERS!」
はじめに 19:00~

第1部 19:05~ 多彩な講師が語る『東京アグリ・イノベーショントーク』
    ゲスト講師:松澤 龍人 氏(一般社団法人東京都農業会議)

第2部 19:30~ 東京の生産者が想いを語る『東京ファーマーズトーク』
    生産者:奥薗 和子 氏(ララファーム テーブル)
        堀田 大勝 氏(サン農園)

第3部 20:10~ ディスカッションタイム(自由参加)        

第4部 20:30~ 交流タイム(自由参加)

申し込み方法

お問い合せ先

運営事務局
DCPJ_farm@ecozzeria.jp

ゲスト

〇ゲスト講師
◆松澤 龍人 氏(一般社団法人東京都農業会議)
1968年東京生まれ。1992年に東京都農業会議に入り、2006年から東京都内での新規就農を支援する活動を続ける。2009年に東京都内で初の非農家出身者の新規就農者を誕生させた。2012年に新規就農者やその予備軍をメンバーとする「東京ネオファーマーズ」を結成。『『これで守れる 都市農業・農地』(農山漁村文化協会 2019年)、『ケース別 農地をめぐる申請手続のチェックポイント-権利取得・転用・税制等-』(新日本法規出版 2019年)、『農業委員・農地利用最適化推進委員必携 農地・農業の法律相談ハンドブック』(新日本法規出版 2018年)など編著・共著多数。

○生産者
◆奥薗 和子 氏(ララファーム テーブル)
ドイツフローリストマイスター。フラワーアレンジの勉強でドイツに滞在していた際に、ヨーロッパや中東、北アフリカの様々なマルシェ・ファームを訪ね、“食”と“食を囲むテーブル”に世界の共通点を感じ、“食”や“素材”の大切さを認識して、就農。有機農家での研修を受け、テーブルをいろどるハーブやお野菜や草花を栽培する農家をめざして独立。現在は東京都青梅市でファームlalafarmtableを主宰。市内に点在する畑で、無農薬・無化学肥料のハーブや野菜を年間50~60種類栽培している。

◆堀田 大勝 氏(サン農園)
1979年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。IT系個人事業の傍ら援農ボランティアに登録し、町田市の先進農家に就職。退職後は相模原市緑区城山地区にて兼業農家として新規就農。2020年に町田市生産緑地として事業認定を受ける。アスパラガス、ネギ、小松菜、ミニトマト、ブロッコリー等、普段の食卓に身近な野菜に品目を絞っている。


アドバイザー

◆安部 憲昭 氏(一般財団法人国民公園協会 皇居外苑 総支配人・総料理長)
西洋料理のシェフを経て2003年より、皇居外苑に勤務。江戸時代の文献に基づき、当時の献立を現代によみがえらせる「EDO→ECO エコ・クッキングプロジェクト」をはじめ、日本料理もプロデュースする。現在は、皇居外苑・京都御苑ブランドのお土産菓子、駅弁、お節、調味料などの監修も手掛ける。

◆有馬 毅 氏(日本の御馳走えん マネージャー)
地元メーカーの食品や土地に根付いた伝統的な味覚など、作り手、生産者の顔の見える日本全国の厳選したご馳走を集めた和のコンセプトショップのマネージメントを務める。現在は、生産者や加工事業者が取組む商品開発やブランディングのサポートにも力を注いでいる。

コーディネーター

◆中村 正明 氏(6次産業化プロデューサー、関東学園大学 教授、東京農業大学 客員研究員)
大丸有(大手町・丸の内・有楽町)フードイノベーションプロジェクトのコーディネートをはじめ、都市と地域の生産者をつなぎ、6次産業化や農商工連携(商品開発・ブランディング・販路開拓など)のコーディネートや、地域活性化のプロデュースを手掛けている。

特記事項

主催:エコッツェリア協会
運営サポート:株式会社コミュニティデザイン


○インキュベーションHUB推進プロジェクトとは
東京都が2013年度より実施する創業支援事業。高い支援能力・ノウハウを有するインキュベータ(起業家支援のための仕組みを有する事業体)が中心となって、他のインキュベータと連携体(=インキュベーションHUB)を構築し、それぞれの資源を活用し合いながら、創業予定者の発掘・育成から成長段階までの支援を一体的に行う取組を支援し、起業家のライフサイクルを通した総合的な創業支援環境の整備を推進します。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【オンライン開催】女性アントレプレナー発掘プログラム2020 ~Program1~
  2. 2【オンライン開催!】【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第5期生募集中!~
  3. 3【オンライン開催】ミドルシニア世代"マイ・スタートアップ"プログラム2020 ~Program1~
  4. 4【オンライン開催】アスリート・デュアルキャリアプログラム2020 ~Program2~
  5. 5【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  6. 6【オンライン開催】第2回 東京ファーマーズイノベーション2020
  7. 7【オンライン開催!】【マスターマインドイノベーションセミナー】大企業・スタートアップ共創事例
  8. 8【オンライン開催】第1回 東京ファーマーズイノベーション2020
  9. 9Japan Harvestライブ「女性がけん引する、これからの農業」
  10. 10【大丸有】「TOKYO OASIS」 社会実験を7月27日(月)より開始

過去のアーカイブ(2013年5月以前)