イベント特別イベント

【ハイブリッド開催】女性アントレプレナー発掘プログラム2021 ~Program3~

2021年8月17日(火) 18:30-20:30

<東京都「インキュベーションHUB推進プロジェクト」>

自身のこれからのキャリアについて漠然と、「このままでいいのかな」「ゆくゆくはこんなことがしてみたいな」と考えている。また、働き方が多様化する中で、「仕事と生活のどちらも大切にしたい」「時間や場所に制約されずに働きたい」「一生続けられる仕事がしたい」と思っている。

こうした想いを叶えるには、実は起業・創業も一つの手段かもしれません。

起業・創業を選択した多様なゲストのライフヒストリーを聴き、まだ明確になっていないあなたの想いをもとに、参加者同士の対話を通じて「私のありたい姿」についてー緒に考えてみませんか?
自己実現の手段として、起業・創業をもっと身近に選べるように。一歩踏み出してみたいあなたに贈る、参加型プログラムがスタートします!


◆Program3 2021年8月17日(火) 18:30-20:30
「地域との共創」
講師:高原 友美 氏(株式会社サムライウーマン 代表取締役、まちのてらこや保育園 代表)
伊藤 恵里子 氏(NPO法人 水と緑の環境フォーラム 副理事長、もったいないkids植林プロジェクト 代表理事、NPO法人 埼玉ネット 理事、(株)和SABI 取締役)
働く女性を応援したいという想いから"まちに開かれた"保育園を東京都中央区に創設した高原さんと、埼玉県飯能市をはじめとする地域活性化や日本の森林保全に取り組む伊藤さん。おふたりの共通項は「バリキャリ時代の経験」と「地域に根ざした活動」です。様々な経験を積まれたおふたりに、これまでとこれからを語っていただきます。

女性アントレプレナー発掘プログラム 2021年度パンフレット(PDF版)


--------------------------------
【各プログラム詳細】
◆Program2 2021年8月2日(月)18:30-20:30
「仕事と家庭のバランス」
講師:西部 沙緒里 氏(株式会社ライフサカス 代表、一般社団法人かぞくのあした 代表)
山本 尚毅 氏(一般企業勤務)
ユニークなキャリアを構築し、様々なライフイベントを一緒に乗り越えてきた西部さん・山本さんご夫妻。約1年前、東京から群馬に一家で移住したおふたりの現在の取り組みや、仕事と家庭のバランスの取り方について語っていただきます。ふだんの様子も垣間見える、リアルトークをお楽しみに!

◆Program4 2021年9月1日(水) 18:30-20:30
「はじめの一歩を踏み出すために」
講師:ツノダ フミコ 氏(マーケティング・コンサルタント/株式会社ウエーブプラネット 代表取締役、ビジネス・コーチ)
「はじめから目標や目的があったわけではないんです」とお話しになるツノダさん。プレイヤーとして第一線で活躍する傍ら、川崎市議会議員として活動された経験もお持ちです。たくさんの働く女性と対話してきた立場から、ご自身の経験もふまえつつ、これから歩み始める皆さんにあたたかいエールを送っていただきます。

【開催終了】
◆Program1 2021年7月21日(水) 18:30-20:30
「私の創業ストーリー」
講師:戸沼 如恵 氏(エコ・コンシャス・ジャパン 合同会社代表)
北欧との出会いにより創業したのち、様々な経験を活かしたビジネスを展開し、分野に捉われず柔軟に歩み続ける戸沼さん。 現在のお仕事やライフスタイルをどのように創ってきたのかを語っていただきます。北欧オンラインツアーも体験できますよ!

概要

場所

定員

30名

参加費

無料

プログラム

◆Program3 2021年8月17日(火)18:30-20:30
「地域との共創」
講師:高原 友美 氏(株式会社サムライウーマン 代表取締役、まちのてらこや保育園 代表))
伊藤 恵里子 氏(NPO法人 水と緑の環境フォーラム 副理事長、もったいないkids植林プロジェクト 代表理事、NPO法人 埼玉ネット 理事、(株)和SABI 取締役)

申し込み方法

ゲスト講師

【高原 友美 氏 プロフィール】
株式会社サムライウーマン 代表取締役、まちのてらこや保育園 代表
1984年生まれ、岡山県倉敷市出身。2007年4月から7年間、三井物産株式会社に勤務。金属資源の輸出入、ブラジルでの金属資源開発案件などを担当する。2014年4月に退職し、6月に株式会社サムライウーマンを設立。2015年9月に東京日本橋に「まちのてらこや保育園」を開園、現在に至る。




【伊藤 恵里子 氏 プロフィール】
NPO法人 水と緑の環境フォーラム 副理事長、もったいないkids植林プロジェクト 代表理事、NPO法人 埼玉ネット 理事、(株)和SABI 取締役
広告代理店に32年間勤務し、奇跡的な出会いをしたノーベル賞受章者、故ワンガリ・マータイ氏の遺志を継ぐべくNPO設立を考え早期退職。森林保全と地域の活性化に取組み15年になる。「男女雇用機会均等法」成立以前に営業職を希望し、産休8週間を乗り越え同僚不在のなか、正に孤立状態で「unbowed=へこたれない」マータイ氏の著書名通り公私共に苦難の日々を経験したが、子離れ後は「しなやかに」と言葉を置換え日々活動中。独立後「日本の農業を知らずして死ねない」という思いが強く、62歳で東京農業大学大学院に入学、NPO活動の根幹をなす農業や森林教育の歴史から農林業の衰退と今後の農林業の在り方を研究し、修士(経営学)を2年半かけて取得。今後も地球に生きる生物として、地球を可能な限り護り教示しながら次代につないでいく事が使命と思い活動している。


ファシリテーター

【若松 悠夏 氏 プロフィール】
株式会社STORY コミュニケーション・デザイナー
大学卒業後、企業間フューチャーセンターLLPの活動に参画。2013年に団体を一般社団法人化し代表理事を4年間務める。2014年よりエコッツェリア協会(三菱地所)のサードプレイス「3×3Labo/3×3Lab Future」運営に参画。2016年より株式会社STORY設立に参画。対話の場づくり、人と人を繋ぐことが好き。



ナビゲーター

【大越 瑛美 氏 プロフィール】
株式会社リコー TRIBUS推進室
2008年リコージャパン株式会社入社。大手顧客向けプリセールスを経て、株式会社リコーにおいて新規事業開発業務に従事。主に、PRマーケティング、オープンイノベーションによる事業共創を担当。リコーのアクセラレータープログラムTRIBUSを立ち上げ、運営事務局に従事。




お問い合せ先

運営事務局 DCPJ_female@ecozzeria.jp

主催:エコッツェリア協会

○東京都「インキュベーションHUB推進プロジェクト」とは
東京都が2013年度より実施する創業支援事業。高い支援能力・ノウハウを有するインキュベータ(起業家支援のための仕組みを有する事業体)が中心となって、他のインキュベータと連携体(=インキュベーションHUB)を構築し、それぞれの資源を活用し合いながら、創業予定者の発掘・育成から成長段階までの支援を一体的に行う取組を支援し、起業家のライフサイクルを通した総合的な創業支援環境の整備を推進します。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第6期生募集中!~
  2. 2【大丸有】「TOKYO OASIS」 社会実験 第2弾 7月26日(月)より始動
  3. 3【オンライン開催!】【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第5期生募集中!~
  4. 4【オンライン開催】アスリート・デュアルキャリアプログラム2021 ~Program2~
  5. 5【満員御礼】丸の内サマーカレッジ2021
  6. 6【レポート】丸の内プラチナ大学で新時代を
  7. 7【ハイブリッド開催】女性アントレプレナー発掘プログラム2021 ~Program4~
  8. 8【オンライン開催】【KK G-LINE CONEECTION】第1回 世界から見たKK線に眠るポテンシャル
  9. 9【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  10. 10【オンライン開催】旅のはじまりナイト@静岡県松崎町 - 北海道・十勝原野開拓の先駆地から令和時代の新しい地域発イノベーション創出を考える & 第2回リゾベーション体験ツアーのご紹介

過去のアーカイブ(2013年5月以前)