イベント特別イベント

【東大先端研研究者×ECOZZERIA 未来共創プログラム vol.2】『アートデザイン』×『プレイスメイキング』で共創するこれからのまちづくり

<東大先端研の研究者×気鋭の産業界エキスパート クロストーク>2023年5月18日(木)16:20-19:10

この度、教育界をリードする東大先端研の研究者たちと、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)で社会課題に取り組むエコッツェリア協会とのコラボ企画がスタートしました!
第一弾では、東大先端研で所長を務める杉山教授と、未来シナリオづくりの第一人者である高内章氏と、STEAM教育を未来社会にどう実装していくかをディスカッションいたしました。

  第二弾となる今回は、世界を舞台に活躍中のデザインエンジニアである東大先端研の吉本英樹特任准教授と、「プレイスメイキング」の専門家である一般社団法人ソトノバ共同代表の石田祐也氏をお招きし、まちづくりの未来についてディカッションしていきます!
皆様のご参加、お待ちしております!!

概要

開催日時

2023年5月18日(木)16:20-19:10(受付開始:16:00-)

場所

定員

会場定員:50名

参加費

会場参加費:1,000円(軽飲食費込)、オンライン参加費:無料

プログラム

プログラム
16:00-16:20 受付
16:20-16:25 はじめに
16:25-16:35 東京大学先端研での取組紹介-アートデザインなど-
        森 晶子氏(東京大学先端科学技術研究センター 特任研究員)
16:35-16:55 デザインエンジニアリングの取組事例紹介
        吉本 英樹氏(東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授) 
16:55-17:15 公共空間活用事例紹介
        石田 祐也氏(一般社団法人ソトノバ共同代表)
17:15-17:55 クロストーク、感想シェア
       <登壇者>
        吉本 英樹氏
        石田 祐也氏
        森 晶子氏
       <ファシリテーター>
        田口 真司
17:55-18:00 おわりに
(会場準備)
18:10-19:10 懇親会

申し込み方法

特記事項

主催:一般社団法人共創マネジメント推進機構、三菱地所、エコッツェリア協会

登壇者

吉本 英樹 氏

yoshimoto_prof.jpg 東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授
TANGENT 創業者 / クリエイティブディレクター

1985年和歌山県生まれ。2010年東京大学大学院修士課程修了(航空宇宙工学専攻)。
同年に渡英し、2016年英ロイヤル・カレッジ・オブ・アート博士課程修了(Innovation Design Engineering専攻)。2015年にデザインエンジニアリングスタジオ「Tangent」設立。
デザインとテクノロジーを融合させる手法でさまざまな作品を発表し、世界的ラグジュアリーブランドにも多くのデザインを提供。
日本人工知能学会全国大会優秀賞、Lexus Design Award、Red-dot Design Concept Best of the Best、和歌山県文化奨励賞など、デザインと工学の両分野で受賞多数。


森 晶子 氏

mori_t.JPG 東京大学先端科学技術研究センター 特任研究員
共創マネジメント推進機構 代表理事

2021年3月まで20年間、東京都庁に勤務。知事本局、財務局などを経て、教育庁指導部国際教育事業担当課長としてグローバル人材育成を担当。体験型英語学習施設TOKYOGLOBAL GATEWAYの開設や、国際交流事業を手掛けた。
2021年4月、東大先端研で「先端教育アウトリーチラボ(AEO)」を開設。米国ジョージタウン大学公共政策大学院卒(修士)。一般社団法人共創マネジメント推進機構代表理事。


石田 祐也 氏

ishida2_prof.jpg 合同会社ishau代表/一般社団法人ソトノバ共同代表理事/一般社団法人ストリートライフ・メイカーズ理事/渋谷区道路整備推進アドバイザー

建築家。1988年三重県生まれ。2011年東京大学工学部建築学科卒業。2013年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。株式会社ヌーブ一級建築士事務所を経て現職。
ストリートを主としてパブリックスペースを活用した都市再生手法に関する研究と、建築やパブリックスペースの設計を行なう。渋谷と四日市の二拠点をベースに、デザイン視点で空間の公共性を再定義する活動をしている。主な実績に「西参道道路整備」「USED BOOK BOX」「スワ屋台」「オープンストリートインヨッカイチ」「Park(ing)Day」「立川駅南口高架下TERASUプロジェクト」など。著書に『ストリートファイト 人間の街路を取り戻したニューヨーク市交通局長の闘い』(翻訳/学芸出版社, 2020年9月)。


ファシリテーター

田口 真司

taguchi_photo.jpg エコッツェリア協会 コミュニティ研究所長

1972年岐阜市生まれ。1996年横浜国立大学工学部電子工学科卒業。
2010年3月にワールドカフェによる対話会を開始。企業で働く人や学生、NPO、主婦などあらゆる属性の人たちを集め、毎月テーマを変えたイベントを主催。
2011年12月「企業間フューチャーセンター有限責任事業組合(LLP)」を設立。未来の社会について対話し、新たな価値創造に向けた活動を実施。
2013年2月から現職。丸の内をオープンイノベーションの街にすべく、3×3Lab Futureの運営業務を通じ、社会的ビジネス創出に向け活動中。

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1丸の内プラチナ大学・逆参勤交代コース特別シンポジウム 「能登半島の今と未来」
  2. 2大丸有でつながる・ネイチャープログラム大丸有シゼンノコパン 春
  3. 33×3Lab Future個人会員~2024年度(継続会員)募集のお知らせ~
  4. 4【山階鳥類研究所講演会】絶滅危惧種アホウドリの未来を守る!生物多様性保全の現場から緊急レポート!
  5. 5【大丸有シゼンノコパン】春のミツバチを「観る」~どこのどの花、キミは好きなの?~【まちの四季/朝活】
  6. 6丸の内ハニープロジェクト
  7. 7【レポート】地域住民と「よそ者」が共に取り組む持続可能な里海づくりとは
  8. 8【レポート】「日本一長い地下通路」を巡る、大手町エリア地下散歩
  9. 9【大丸有シゼンノコパン】飛び集う虫や鳥を「視る」~飛んでくるにはワケがある~【まちの生きもの/親子向け】
  10. 10【丸の内プラチナ大学】2023年度開講のご案内~第8期生募集中!~

過去のアーカイブ(2013年5月以前)