イベント特別イベント

【オンライン開催】【マスターマインドイノベーションセミナー】金融庁CGコードに導入された知財ガバナンスから学ぶ企業価値向上のためのスタートアップ知財戦略

2021/11/24 (水) 18:00 - 19:40

マスターマインドビジネスコミュニティとの共催イベントをオンラインで開催します。

今回のイノベーションセミナーのメインテーマは「CGコードの知財ガバナンスから学ぶ企業価値向上のためのスタートアップ知財戦略」。今年6月に改訂された金融庁コーポレートカバナンスコード(CGコード)に知財ガバナンスが入りました。この改訂CGコードより、企業価値を向上させるためのスタートアップ知財戦略の勘所を抑えます。スタートアップの方はもちろん、上場企業の知財部門、経営企画、総務部門の皆様にも、最新の情報をお届けします。

〇マスターマインドビジネスコミュニティとは
オープンイノベーションのプラットフォームとして、大企業とベンチャー、地方を結び、明日の日本社会に貢献することを目的に設立。(2020年9月現在メンバー約1100名)

概要

開催日時

2021/11/24 (水) 18:00 - 19:40

場所

プログラム

18:00〜 ご挨拶・ご案内

18:05〜 金融庁CGコードに導入された知財ガバナンスについて
(メリットパートナーズ法律事務所 弁護士・弁理士 知念 芳文)

18:15〜 プレゼンテーション
(特許庁総務部企画調査課 課長補佐(ベンチャー支援班長) 鎌田 哲生)
(アスタミューゼ株式会社 代表取締役社長 永井 歩)
(cotobox株式会社 代表取締役/はつな知財事務所 代表弁理士 五味 和泰)

19:00~ パネルディスカッション
(特許庁総務部企画調査課 課長補佐  鎌田 哲生)
(アスタミューゼ株式会社 代表取締役 永井 歩)
(cotobox株式会社 代表取締役    五味 和泰)
(イノベーション・エンジン株式会社  金野 諭)

申し込み方法

ゲスト

鎌田 哲生 氏(特許庁総務部企画調査課 課長補佐(ベンチャー支援班長))
特許庁において、ブレーキや自動運転、タイヤなど自動車関連および免震・制振、ねじ、スイッチなどの機械分野の審査に従事。
また、総務課において産業競争力強化法の立法において、小規模・ベンチャー企業の審査請求料及び特許料の軽減部分を担当し、特許情報室においてJ-PlatPatの刷新、経済産業省において国会業務及び成長戦略の策定に従事。
現在は、ベンチャー・スタートアップの支援を担当している。

永井 歩 氏(アスタミューゼ株式会社 代表取締役社長)
東京大学大学院 システム量子工学専攻 修了。大学でロボット工学・人工知能を学び、大学院では数値流体力学・原子力工学を専攻。大学在学中にソフトウェア会社に入社し取締役に就任。2005年、大学院在学中にアスタミューゼ(旧パテントビューロ)を起業する。新事業・新製品・新技術などのデータベースを基に、新規事業/オープンイノベーション支援事業、データによる未来戦略構築、社会課題解決支援SaaS事業、データ分析による企業価値・無形資産評価事業等を立ち上げる。文部科学省、経済産業省、防衛省、特許庁、資源エネルギー庁、NEDOなどの官公庁への調査分析業務、『日本経済新聞』、『Forbes JAPAN』など、メディアへの分析データ提供も行う。東京大学大学院イノベーション政策研究センター、事業構想大学大学院、知財学会、経済産業省、特許庁、内閣府、経済同友会、大田区、日本経済研究センターなどの大学・組織で、「アントレプレナーシップ論」、「先端科学技術とビジネス」、「知財とオープンイノベーション」、「新規事業創出」、「無形資産による企業価値評価の可視化」などをテーマに講師を務める。

五味 和泰 氏(cotobox株式会社 代表取締役、はつな知財事務所 代表弁理士)
早稲田大学理工学部卒、米国南カリフォルニア大学法学修士。大手建設会社エンジニアを得て、大手特許事務所に入所し弁理士資格取得。10年間、特許の権利化業務に従事した後、2015年、はつな知財事務所設立、2016年にcotobox株式会社を設立。オンライン商標プラットフォーム「Cotobox」は、2018年経済産業省のグレーゾーン解消制度を利用し、次世代の知財ビジネスモデルの先駆けとなる。2020年に東京都より経営革新計画を承認、2021年に東京都中小企業振興公社の事業可能性評価事業において事業の可能性ありの評価。はつな知財事務所は商標出願代理件数全国1位(2021年)。

金野 諭(イノベーション・エンジン株式会社)
小学生の頃からプログラミングに関わっており、最近でも競馬予想AIを趣味で自作するなど、根本的に技術好き。
1995年に大手SI事業会社に入社後、エンジニアとして、また新規事業立ち上げ担当者として業務に約10年従事。MBA取得後、系列のベンチャーキャピタルに転籍、クラウド関連の投資を行い、多くの企業のIPOを支援。2010年にクラウドSW開発ベンチャー(米国、従業員60名)を創業し事業売却まで実現。2014年産業革新機構が発足した知財ファンド運営会社、IP Bridgeにてイノベーション事業部を立ち上げ、成功裏に導く。様々な特許の活用方法を試す中、「知財×金融」の知見を蓄積。2020年4月よりイノベーション・エンジンにて知財を重視した上場株ファンドのマネージャ。世界最大の知財メディアIAMで「世界の知財戦略家300」に選定。2020年、2021年特許庁IPASメンター。テキサス州立大学オースティン校 MBA修了。

特記事項

[主催]マスターマインドビジネスコミュニティ
[共催]きらぼし銀行、エコッツェリア協会

おすすめ情報

イベント

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第6期生募集中!~
  2. 2【VOICE】高遠智子さん
  3. 3瀬戸内に新しいコモンを創る -訪ねること・迎えることから考える持続可能な観光とワーケーション-
  4. 4大丸有シゼンノコパン2021 秋
  5. 5【CSV経営サロン】2021年度 第1回 エネルギー×リユース ~EV化の進展に伴う蓄電池の活用~
  6. 6【レポート】『そのときは自然にくる』起業に向けて、はじめの一歩を踏み出そう
  7. 7【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  8. 8【レポート】「日本一長い地下通路」を巡る、大手町エリア地下散歩
  9. 9【レポート】ポートランドとニューヨークから学ぶ「ビジョン」を通じたまちづくり
  10. 10"TOKYO TORCH Park"から星空を見上げよう!

過去のアーカイブ(2013年5月以前)