トピックス国内

【国内】都市の中のまちづくり

自然と産業――立地を生かした多摩の可能性

瑞穂ファントム工場のチラシより抜粋

都市部でも「地域」の取り組みは活発化

多摩地区がこのごろ面白い。

2013年は、多摩地区が神奈川から東京都に移管されて120周年で、東京都では「多摩の魅力発見プロジェクト」と題して、一連のイベントで多摩地区の魅力を発信をしています。8月末には都心で多摩の産物のマルシェも開催される予定です。

さらに産業でも動きが活発化。

7日に都が発表した「ものづくり産業基盤強化グループ支援事業」で、瑞穂町で超音波関連品を製造している株式会社ソニックのグループが採択されました。挑戦するのは「次世代型自動気象水文観測システム」。大規模災害時でも即時に精密な気象観測を行い、データの蓄積・分析を可能にするもので、東南アジアまで通信網に取り入れるシステムの構築に挑みます。(※瑞穂町のほか、江東区、中野区など全4グループが選定)

瑞穂町は、都心から近い立地を生かした部品工作などの中小企業が多く、「下町の工場」葛飾や大田に似た空気が漂います。2008年には産業振興計画に基づいて45社が参加したギルド的集団「瑞穂ファントム工場」が結成され盛んに活動してきましたが、先ごろ商品アイデアの募集を始めました。優秀作品は製品化、内容次第でロイヤリティーも発生するそうです。

東京でも人口減少や過疎、農業・産業の停滞、空洞化が問題になっていますが、多摩地区の豊かなリソースを活用した取り組みは、新たなまちづくりの方法として興味深いもの。福生でもクリエイターや農家など、さまざまな職種のメンバーが集まったまちづくり創造集団が発足するなど、今後もさらに活発化していきそうです。


関連リンク

おすすめ情報

トピックス

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  2. 2【レポート】コロナ禍の今、そしてポストコロナに向けて
  3. 3【特別イベント】健康デザイン研究会1.1「毛細血管の健康デザイン」
  4. 4【さんさん対談】まちのキッチンの役割とは何か
  5. 5【レポート】宮崎県と目指すアフターコロナの新世界
  6. 6【オンライン講座】丸の内それいゆ大学「イノベーション:知の冒険に出よう!」(第三期/ 第二回講座)
  7. 7【さんさん対談】農業に取り組むということ
  8. 8【さんさん対談】"社会の宝"プロ野球選手の選択肢を増やすために
  9. 9【レポート動画】「都市と地方の未来~リビングラボの未来を語る」
  10. 10【大丸有】丸の内検定、ボランティア大活躍!

過去のアーカイブ(2013年5月以前)